腐女子うっかりゲイに告るのキャストは?タイトルと原作の再現度は?

NHK総合にて

4月20日からスタートするドラマに

注目が集まっています。

 

そのタイトルは

 

腐女子、うっかりゲイに告る

 

なかなかインパクトのあるタイトルのこの作品。

 

最近ではLGBTをテーマにした

ドラマ作品なども多く話題になっています。

 

 

そんな中、NHKで放送されるこのドラマは

どのような作品となるのでしょうか。

 

今回は、気になるキャストなどの

情報についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

「腐女子、うっかりゲイに告る。」ってどんなお話?気になるキャストは?

腐女子うっかりゲイに告るのキャストは?タイトルと原作の再現度は?1

腐女子、うっかりゲイに告る。

は主人公である安藤純と

同級生の三浦紗枝の恋愛を描いた作品です。

 

安藤純は、同性愛者であることを

隠して生きる18歳の高校生。

 

 

そんな彼はある日、

同級生で腐女子である三浦紗枝が

本屋さんでBLマンガを

 

購入しているところを目撃するところから

2人の関係が始まります。

 

 

三浦紗枝は次第に安藤純に惹かれていき、

2人はつき合うことに…。

 

“普通の幸せ”を求める安藤純と、

三浦紗枝の恋の行方はどうなるのでしょうか。

気になるキャストは、

 

ゲイを隠して生きる18歳高校生・安藤純:金子大地

 

腐女子・三浦紗枝:藤野涼子

 

ゲイ・パートナー・佐々木誠:谷原章介

 

純の母親・安藤陽子:安藤玉恵

フレッシュな若手俳優から、

人気の実力派俳優までが

揃ったキャストとなっています。

 

 

NHK初主演となる金子大地さんは、

人気ドラマ『おっさんずラブ』への出演で話題となりました。

 

今回の作品でも、

ゲイを隠し生きながら同級生の三浦さんと

つき合うという難しい役所を演じるということで注目を集めています。

「腐女子、うっかりゲイに告る。」の原作は?

腐女子うっかりゲイに告るのキャストは?タイトルと原作の再現度は?2

「腐女子、うっかりゲイに告る。」は、

浅原ナオト著の

「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」という小説を原作とした作品です。

 

 

元々は小説投稿サイト

カクヨム」に投稿されたもので、

大反響により書籍化されました。

 

原作の小説は、

LGBTへの偏見などについて

改めて考えさせられ、

 

多くの人に読んで欲しい作品として

非常に高い評価を受けています。

 

 

人生について

深く考えさせられる部分も多く、

心に刺さるお話。

 

元々BLに興味のある方や、

たまたまタイトルが目に入って

気になって読んでみたという方など、

 

 

いろんなきっかけで

小説を手に取ったたくさんの人の心に

残る作品となっているようです。

 

そんな深いメッセージ性のある

この作品において、

 

主人公の心の葛藤を金子大地さんは

どのように表現してくれるのでしょうか。

 

 

物語の内容はもちろんのこと、

若手俳優のフレッシュな

演技も見逃せませんね!

 

 

愛する人と家族を築きたい、

周りが言う“普通の幸せ”を手に入れたい。

 

そんな願いを持つゲイの主人公と、

彼に惹かれた腐女子で純粋な女の子。

 

周りの人と同じように

自分が好きなもの、

好きな人を愛していてもそれを堂々と表現できない。

 

 

ゲイやBLなど、

自分の愛の形を隠して生きることは、

第三者からすれば

自分には関係ない世界と感じるかもしれません。

 

しかし、人は誰でも、

他の人にはなかなか打ち明けられない

秘め事や悩みを持っているのではないでしょうか。

 

 

そんな、自分自身も感じている

悩みや苦しみを、相手に置き換えて

考えることができない人も少なくありません。

 

 

そんな人にこそ、

作中で描かれる主人公の心情や葛藤、

そして切実な願い、

高校生2人の純粋な恋の模様をぜひ見て欲しいですね。

 

難しいテーマを取り入れた青春物語は、

ドラマとなっても

多くの人の心を打つこと間違いなしです。

 

 

また、主人公の安藤純は

ロックバンド・QUEENの音楽を愛しており、

原作でも物語の中で楽曲が登場します。

 

まさに今、

爆発的な再ブームを巻き起こしているQUEEN。

 

 

ドラマでも、QUEENの音楽を

作中にどのように取り入れるのか

というところも見所になるのではないでしょうか!

スポンサーリンク

腐女子うっかりゲイに告るのキャストは?タイトルと原作の再現度は?のまとめ

この作品は、

印象的なタイトルから興味を

持っている人も多いようです。

 

 

LGBTは最近特に取り上げられ

注目されていますが、

本当に理解をしている人というのも

少ないのではないでしょうか。

 

LGBTに対して偏見を持ったままの人、

あまりよくわかってない人、

自分は偏見を持っていないという人など、

 

その考え方はさまざまあると思います。

 

腐女子、うっかりゲイに告る。」は、

LGBTの考え方について

改めてもう一度しっかり見つめ直させてくれる作品です。

 

タイトルが気になる方、

そんなシンプルなきっかけでもいいので、

たくさんの人がこのドラマを見て

いろんなことを感じてくれたらいいなと思います。

 

愛や幸せのさまざまな形を、

このドラマは考えさせてくれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク