凪のお暇の視聴率の推移は?高橋一生の号泣や!中村倫也の演技にファン悶絶!

好きな子をいじめちゃう小学生気質のモラハラ男子か、浮気し放題だけど優しくて魅力的で女の子を依存させちゃうメンヘラ製造機か…。

どちらにしろ難ありの2人の男性に挟まれる三角関係が話題のドラマ『凪のお暇』。

 

原作は累計250万部突破の人気コミックで、周りの空気を読んでばかりの28歳の主人公・大島凪が仕事をやめ、人間関係も恋愛もすべてリセットするという物語です。

 

人気コミックが原作ということで放送スタート前から注目を集めており、またキャスティングについても原作のイメージと少し違うという声が寄せられ話題となっていました。

現在、第4話まで放送されたドラマ『凪のお暇』ですが、その評判はどうなのでしょうか。

 

今回はそんな凪のお暇について気になる点をまとめたので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

ドラマ『凪のお暇』の視聴率は?

凪のお暇の視聴率の推移は?高橋一生の号泣や!中村倫也の演技にファン悶絶!1

ドラマ『凪のお暇』の視聴率は、

第一話・・・10.3%

 

第二話・・・9.5%

 

第三話・・・9.1%

 

第四話・・・9.8%

と、初回視聴率については好発進と言われており、その後少し下降はしたものの第四話の放送では再び上昇し第二話よりもいい数字となっています。

全話の平均視聴率は9.7%ですが、今期の他のドラマの平均視聴率を見てみると

『監察医 朝顔』・・・12.6%

 

『TWO WEEKS』・・・6.5%

 

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』・・・9.0%

 

『偽装不倫』・・・9.9%

 

『ルパンの娘』・・・7.2%

と、話題のドラマと比較してもそれなりに好調なのではないでしょうか。

 

もともとあらすじとしては主人公の大島凪がOLをやめて人生のリセットを図るというものですが、

話が進むにつれて高橋一生さん演じるモラハラ男子・我聞慎二と中村倫也さん演じるメンヘラ製造機・ゴンという2人の男性のキャラクターにハマる人が続出しています。

 

三角関係がどうなるのか気になる、とネットでも話題になっていて、それが第四話の視聴率の上昇に繋がったのかもしれません。

前評判も高かったのですが、実写のドラマになることで、一見ミスマッチと思えた俳優さんの演技の底力を感じさせる視聴率推移ですね。

凪のお暇での高橋一生の号泣がかわいすぎる?!

凪のお暇の視聴率の推移は?高橋一生の号泣や!中村倫也の演技にファン悶絶!4

現在ドラマは第四話まで放送されましたが、我聞慎二とゴンというキャラクターや、高橋一生さんと中村倫也さんの魅力的な演技に、SNS上でも大盛り上がりを見せています。

 

ツイッターでは“#慎二やべぇ”というハッシュタグが流行しており、主人公・凪のことが好きで仕方ないのについついいじわるをしてしまうという不器用な我聞慎二の姿を高橋一生さんが見事に演じきっていると高く評価されています。

 

また、毎話の放送で話題になるのが慎二の大号泣のシーンです。

 

今のところ、ドラマの最後には必ず慎二が号泣するという演出があるのですが、不器用で素直になれずに結局はひとり泣いてしまう姿がかわいすぎる、と話題になっているのです。

 

第四話ではストーリーも少し進み、初めて慎二が凪の前で涙を見せるシーンが見られましたが、第三話までは凪に対して素直になれずに帰り道にひとり声を上げて泣いてしまったり、幼い子どもみたいに泣くという高橋一生さんの演技に多くの女性がキュンとしてしまうのです。

 

女性からすれば子どもみたいに泣いてしまうよりは男らしい男性の方が人気も高そうですが、見事な男泣きというわけでは決してなく、ちょっと情けない姿だからこそ母性本能をくすぐっているのかもしれませんね。

 

実はこの我聞慎二というキャラクターに対し、原作マンガでは賛否両論の意見も一部で上がっています。

 

慎二はモラハラ気質で凪に対してたくさんひどいことを言ってしまうのですが、それは凪のことが大好きだからこそということがだんだんわかってくることで、だんだん読者の中でも我聞慎二のファンも増えていきます。

 

ただ、たとえ本当は大好きだとしても人を見下し傷つけることを言っていいわけではないし、好きだから許されるわけではないという厳しい意見も上がっているのです。

 

この意見は確かに正論でもあると思うのですが、あくまでマンガの中のキャラクターですのでそこまで現実的な批判が起こることに正直びっくりしてしまいました。

 

ドラマの中ではとにかく我聞慎二は視聴者から愛されるキャラクターとなっていますが、それは高橋一生さんが演じている、ということもやはり大きいかもしれませんね。

スポンサーリンク

凪のお暇の中村倫也の演技にファン悶絶?!

凪のお暇の視聴率の推移は?高橋一生の号泣や!中村倫也の演技にファン悶絶!3

先ほどツイッター上で“#慎二やべぇ”というハッシュタグが流行していると言いましたが、実はもう1つ話題のハッシュタグがあります。

 

それが“#ゴンもやべぇ”というハッシュタグで、中村倫也さん演じるゴンに悶絶するファンも続出しているのです。

 

ゴンは凪を誘惑するような場面が多くあり、寝転がる凪の上にまたがったり、キスシーンであったり、ファンからするとドキドキせずにはいられないシーンが満載となっているのも見どころの1つになっているのかもしれません。

 

ドラマで登場するゴンは髪型も違っていて、原作の読者からするとマンガのゴンとは少し違うかなという印象はあります。

 

ただ、中村倫也さんの演じるゴンはとにかく色気にあふれ魅力的で、でもどこかつかみどころがなく追いかけたくなってしまうというまさにマンガの中のキャラクターとしての魅力が見事に表現されていると思います。

 

また、ゴンを演じる際の中村倫也さんのちょっとクセのある演技についても、ファンからは逆にそこにハマってしまうと人気です。

 

モラハラ体質の元恋人である我聞慎二から離れて、凪が好きになってしまったのは“メンヘラ製造気”のゴン

 

好きな人のダメな部分を分かっているのに、見ないフリをしてどんどんハマってしまう。

 

凪とゴンの恋愛に関する闇の深さが絶妙にリアルで、そういった部分がただマンガやドラマの中だけの世界ではなく、さりげなく現実に重ねられる部分があるのがこの作品の魅力にもなっていると思います。

凪のお暇の視聴率の推移は?高橋一生の号泣や!中村倫也の演技にファン悶絶!まとめ

凪のお暇の視聴率の推移は?高橋一生の号泣や!中村倫也の演技にファン悶絶!2

人気俳優2人に振り回されて揺れ動くという女性にとってはたまらないストーリー。

 

そこに加えて、周りの空気を読んでしまう生き方や母親や友人、会社での人間関係などありがちな悩みを取り上げているため、恋愛部分に注目しつつも、ただのラブストーリーではなくリアルを描いた作品という部分でまだまだより多くの人に興味を持ってもらえたらいいな、と思います。

 

今回の記事も最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

スポンサーリンク