悪魔のおにぎりっておいしいの?SNSでは有名だけど味の方は微妙?

最近SNSで、「悪魔のおにぎり」というものが話題になっています。

不吉で怖い存在というイメージの“悪魔”のおにぎりとは、いったいどんな恐ろしいおにぎりなんでしょうか…。

ネットで有名のようですが、どのような具材を使ったおにぎりなのかも気になります。

 

今回は、この「悪魔のおにぎり」の実態に迫ってみました!

 

美味しいんでしょうかね?

スポンサーリンク

「悪魔のおにぎり」とはなんなの?

悪魔のおにぎりっておいしいの?SNSでは有名だけど味の方は微妙?1

悪魔のおにぎり」とは、ローソンから発売されている商品です。

 

その正体は、天かすと天つゆと青のりで味付けされたおにぎり

天つゆが染み込んだご飯や天かすに、青のりやおにぎりの塩加減がマッチしておいしそうです。

ただ、想像ではちょっと塩分や脂分が多そうだなイメージもあります。

 

この「悪魔のおにぎり」がおいしいと話題なのですが、なんと普通のおにぎりの人気を抜いてしまうほどの売り上げだと言うのです。

変り種的商品が、王道商品より売れるというのはちょっと驚きですね。

 

ヒット商品としてローソン側もやはりこの「悪魔のおにぎり」を推しているようで、

ローソンの公式ツイッターでは、「#悪魔のおにぎり無料プレゼント」というキャンペーンを企画したりしています。

 

期間中に公式アカウントをフォローして投稿をリツイートすれば、抽選で「悪魔のおにぎり」の無料引換券をプレゼントするというものです。

このキャンペーンは10日連続で開催されたのですが、リツイートは1日分でなんと15万件超え!

品切れの店舗も多く、何件もローソンを回って「悪魔のおにぎり」を入手している人もいるようで、その人気のすごさが窺えます。

「悪魔のおにぎり」の正体とは、そのオリジナルにせまる!

悪魔のおにぎりっておいしいの?SNSでは有名だけど味の方は微妙?2

この「悪魔のおにぎり」ですが、実は静岡県の「たぬきおにぎり」というおにぎりが元になっているようです。

この「たぬきおにぎり」は過去にテレビでも取り上げられたことのあるご当地グルメ的存在です。

 

ネット上では「たぬきおにぎり」のレシピもたくさん投稿されており、

自分でも作りたくなるというところからもこの商品の人気の秘密が理解できます。

 

“たぬき”といえば天かすを入れた「たぬきうどん」や「たぬきそば」なんかがありますね。

「悪魔のおにぎり」のパッケージに描かれている悪魔もそういえばたぬきになっています。

 

たぬきおにぎり」のカロリーが気になるけどおいしくてやみつきになるという悪魔的特長が、「悪魔のおにぎり」という商品名の由来になっているようです。

 

背徳感も相まってよりおいしく感じる夜中のカップラーメンを思い出させます。

なんとも恐ろしい“悪魔”の正体ですね…!

スポンサーリンク

悪魔のおにぎりって味はおいしいの?

悪魔のおにぎりっておいしいの?SNSでは有名だけど味の方は微妙?3

では、実際に販売されている「悪魔のおにぎり」の味の評価はどうなのでしょうか。

 

ネット上では、「本当にやみつきになるおいしさ!」と評判です。

ローソンに行けば絶対に買うというほど「悪魔のおにぎり」にはまっている人もいるようです。

 

ただ一部の意見では、「思ったほどおいしくない」「期待はずれ」という声も上がっています。

SNSなどで大きく話題になったことから、味への期待値が高くなりすぎてしまったのかもしれませんね…。

 

ただ「悪魔のおにぎり」はその人気から、かつお節入りや四川風担々味など味のバリエーションも増加しています。

 

四川風担々味は辛さという部分でも悪魔感が増して「悪魔のおにぎり」という名前がよりぴったりの商品ですが、特においしいと評価も高いです。

辛い食べ物が平気な方はノーマルの「悪魔のおにぎり」だけでなくぜひこちらも試してみてはいかがでしょうか。

悪魔のおにぎりっておいしいの?SNSでは有名だけど味の方は微妙?のまとめ

SNSで話題になっている商品というのはついつい気になってしまいますし、

これまで「わざわざ買ってまでは…」と思っていた人も、無料プレゼントのキャンペーンによりたくさん「悪魔のおにぎり」を手に取るきっかけになるのではないかと思います。

 

また、おにぎりだけでなく「悪魔のパン」や「悪魔のポテトチップス」など“悪魔”シリーズの商品はどんどん増殖していますので、まだまだこのブームは続くのではないでしょうか。

 

販売されている「悪魔のおにぎり」がちょっと期待はずれだったという方は、「たぬきおにぎり」のレシピを元に自分好みにアレンジして手作りしてみるのもおもしろいかもしれませんね。

スポンサーリンク