段々と暖かい日も出てきて、

少しずつ春の訪れを感じるようになりましたね。

 

こうなるともう間も無くやって来るのは

新生活シーズン」です。

 

新生活なので新たな生活が始まり、

そこには多くの方の転居も伴いますよね。

 

 

そんな中、大手賃貸業の

 

レオパレス21

 

からビックリなニュースが出ました。

 

建てたアパートに建築基準法違反の疑い

があるとのことでしたが、

今月7日に発表した物件数は1,324棟にものぼるとのことです!

 

この調査結果を受けて、

今後の補修工事のために

1万4443人への引越しを求めました

 

これだけの「レオパレス難民」とも呼べる、

引っ越しを余儀なくされた方々は一体どうなるのでしょうか?

 

またレオパレス21の対応はどうするつもりなのでしょう?

 

今回はレオパレスのニュースの紹介と、

そこから学ぶべき失敗しない引っ越しの方法を考察していきます。

スポンサーリンク

レオパレス難民の詳細と現時点で分かっている問題とは?

レオパレス難民はどうすれば?引越しシーズンの出費を抑える方法は?

今回の調査の結果、

特に危険と判断されたのは

641棟で7782人への影響が特に大きくなっています。

 

8日から早急な転居を要請しているとのことですが、

 

急な転居にどこまで対応ができるのでしょうか?

 

今回のような騒動があっては、

仮にも補修工事が完了しても

入居率低下も考えられますよね。

 

つまり転居要請の対象者約1万4000人の内、

 

7782人には既に転居要請の電話が入っていることになります。

レオパレス物件の問題ヶ所ってどこにあったの?

今回の建築基準法違反

指摘があったヶ所は天井です。

 

この天井に問題が見つかった物件は、

とくに危険なものと判断されました。

 

いわゆる「界壁」で、

これは天井裏にある仕切板のことです。

 

この仕切が無い物件が見つかり、

耐火性に問題があり特に危険とされました。

 

界壁」が無い場合では、

火災の時に建物が1時間も保たないことになります。

 

入居者の安全を守ることができないことから、早急な転居を要請したのです。

スポンサーリンク

レオパレス基準法違反の対象物件とは?

レオパレス難民はどうすれば?引越しシーズンの出費を抑える方法は?1

今回の基準法違反の対象物件は、

東京都を始めとする33都府県と全国に渡ります。

 

特に危険とされた天井に問題があるのは、

 

「ゴールドレジデンス」

 

という名称の物件で641棟です。

 

その他の基準法違反が見つかったのは、

 

「ニューゴールドレジデンス」で326棟

 

「ヴィラアルタ」で53棟

 

とのことでした。

 

対象棟数や人数も非常に多くなりますが、

地域も広い範囲となり問題は大きなものですよね。

 

もしレオパレス利用者の方で、

気になる方はホームページから

確認をできますので参考にしてください。

レオパレス難民は結局どうするのか?レオパレス側の対応は?

当然のことながら、

引っ越しや住み替えの費用は

レオパレス側の負担ということです。

 

しかし転居の場合問題なのは

費用ばかりではありませんよね。

 

今回の急な引っ越しに利用者、

業者の双方がどこまで対応できるのか?

が大きな注目点です。

 

この急な対応に疑問が付く業者には、

運送業者も含まれます。

 

運送業者といえば、

現状では慢性的な人手不足となっていますよね。

 

そこに2月以降の新生活需要と

重なる時期となってしまいました。

 

早急な転居を求められても、

運送業者がつかまらずに難民化する可能性があるのです。

 

 

利用者側からは、

当然のことながら不満の声が多く出ています。

 

そもそも急な転居が無理という声も多数です。

 

中には引っ越して来たばかりの方や、

就活中の方などもいて同情するばかりですよね。

 

あまりに不憫な状況と言えるでしょう。

 

 

一方で運送会社からも意見がでています。

大手の運送業者からは、

レオパレス案件に手を回す余裕は無い

断言しているところもあるほどです。

 

新生活シーズンはただでさえフル稼働で、

しかも働き方改革もあり

無理強いができないのが現状ということでした。

 

レオパレス問題は件数も多いですし、

業者側が対応不可としてしまっても仕方がないんでしょうね。

レオパレス問題に怒っているのは他にもいる

レオパレス難民はどうすれば?引越しシーズンの出費を抑える方法は?2

利用者や業者だけではなく、

この問題に憤りを感じている方々がいます。

 

それはアパートのオーナーです。

 

補修費用や、補修工事期間の補填

をしてもらったところで…という話ですね。

 

これだけの問題があった以上は

入居率が下がることが予想できます。

 

それはオーナー達にとって、

収入が減ることにストレートに繋がりますよね。

 

しかもその理由が建築基準法違反とあっては、

納得なんかできるわけないでしょう。

 

「まさか違反があるなんて…」

 

こんな声がオーナーからは多く挙がっているようです。

レオパレス問題を機に考えよう!引っ越し費用を抑える方法とは?

レオパレス難民はどうすれば?引越しシーズンの出費を抑える方法は?3

今回のレオパレス問題のように、

どんな問題が突発的に起こるかは予想がつきません。

 

運送業者が手一杯の時期に

起きた問題ですので、

もしかしたらレオパレスに関係ない

普通の利用者にも影響が出ているかもしれないですよね。

 

こうした問題に巻き込まれないようにするには、

 

かなり余裕を持って引っ越しの準備をするしかありません。

 

今回のレオパレス難民は確かに可哀想ですが、

 

その他の方々が巻き込まれることも本来あってはなりませんからね。

 

引っ越しの予定が決まっている方は、

早い段階から余裕を持って準備をしましょう。

 

その観点で以下の10個のポイントを押さえると、引っ越し費用も安く抑えられますよ。

参考にしてみてくださいね。

1.引っ越し見積もりサービスを使って、最安値の業者を見つける

2.時期によって料金が大きく異なるので、安い時期を狙う

3.要らないものは処分しておく

4.荷造りは自分でする

5.ダンボールの用意は自分でする

6.一人暮らしの方などは単身パックをしっかりと選ぶ

7.引っ越しが長距離なら、混載便を選択肢に入れる

8.時間帯の指定は入れない

9.「帰り便」を利用することで格安にできることを知っておく

10.見積もり時の訪問がある時には、値引き交渉をしてみる

いかがでしたか?
やろうと思えばできるものはばかりですが、

 

余裕が無いと難しいですよね。

 

事前に余裕を持って準備をするように心掛けてみてくださいね。

 

費用を抑えることもできますし、

間近になって業者が見つからないなんて心配もなくなりますよ。

他にもおすすめの記事がありますので、ぜひこちらも読んでみてください

トクサツガガガのロケ地は?視聴率と話題性の理由は?視聴者の反応も

荒磯親方になった稀勢の里のお給料は?横綱と親方の生活の違いって?

ココイチにもう行かない?値上げやコスパの評判と口コミでの反応は?

レオパレス難民の詳細とは?引っ越しで失敗しない方法も知っておこう〜まとめ〜

今回のレオパレスのニュースでは、

かなり多くの方が巻き込まれることとなりそうですね。

 

費用などのお金だけの問題ではありません

これだけ多くの方々に迷惑をかけた

レオパレス側の対応に注目したいと思います。

 

また企業として大きく信頼を

落としたことになりますよね。

 

こうした企業の行く末もしっかり

見ておきたいと考えています。

 

それだけ今回の問題は多くの方に迷惑をかけ、

利用者などへ同情すべき内容だからです。

 

一方で今回の問題を機に、

引っ越しについて考えておかないといけませんよね。

 

突発的な問題に巻き込まれないように、

事前に決まっている引っ越し予定の場合は

かなり余裕を持って準備しましょう。

 

費用も安く済ませられますし、

何より業者探しにあたふたしないで済みます。

 

問題が大き過ぎて利用者に限らない問題となりそうです。

 

決して色々な面で人ごとではなく、

この問題を考えてみてくださいね。

スポンサーリンク