NHKから国民を守る党は信用できる?ネーミングで興味や関心も?

NHKから国民を守る党

 

なんともインパクトがあり、

しかもわかりやすい名前の政党は、

 

思わずどんな政党なんだろうと

興味を持ってしまいますね。

 

一風変わった政策を掲げるこの

 

NHKから国民を守る党

 

ですが、

 

実は当選者が激増しており、

さらなる注目を集める存在となっています。

 

今回はそんな少し気になる党について

調べたので最後まで読んでいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

「NHKから国民を守る党」とは何者?

NHKから国民を守る党は信用できる?ネーミングで興味や関心も?1

「NHKから国民を守る党」

は、2013年に立花孝志氏により設立されました。

 

立花孝志氏は元NHK職員で、

元職員がNHKと戦う姿勢を見せる政党を

設立したということで話題になりました。

 

NHKに対して否定的な方を応援すると掲げ

NHKは見ないから受信料を払わない

という方を全力でサポートすると言うのです。

 

受信料を集金しに来る人は、

嘘や犯罪まがいの説明をしていると

主張しており、

 

玄関先に貼っておけば

受信料の集金に悩まされなくなる

 

NHK撃退シール

 

の無料配布なども行っています。

 

NHKへの批判的な姿勢を

名前に掲げた政党の設立者が、

元NHK職員というのは確かに驚きですよね。

 

私だったら、過去に勤めていた会社に

どんなに不満があっても

自分の名前を掲げて戦う姿勢を見せる勇気はなかなか出ませんね…。

 

NHK撃退シール”という

狙いがはっきりした名前のシールを

配布するというのも、なかなかインパクトのある行動だと思います。

 

何か特定のものに対して

はっきり否定的な意見を主張するというのは

とても勇気のいることです。

 

それを党の政策として

高々と掲げてしまう行動には、

それなりの覚悟があってのことなのではないかとも感じさせられます。

 

立花氏は過去にも、

マンションの住人がNHKの受信料を

不当に支払わされたとして

訴訟を起こした際に、その住人を支援する立場に立ったりしています。

 

実際にNHKの受信料を支払わないという人を

サポートする活動を継続されていたようです。

 

政策や言動については

過激さを感じさせる部分もありますが、

 

内容については

なかなかおもしろいと感じる部分もあり、

思わず動向を追いたくなる存在だなと思います。

NHKから国民を守る党が統一地方選では当選者は激増?!

NHKから国民を守る党は信用できる?ネーミングで興味や関心も?2

そんな「NHKから国民を守る党」ですが、

当選者が激増しているというのです。

 

2019年4月に行われた統一地方選で、

47人立候補した中

なんと26人が当選を果たしたのです。

 

この結果から、

思わぬ支持の高さに驚いた方も多いようです。

 

「NHKから国民を守る党」は、

さらに夏の参院選にも

候補者を擁立すると発表し、

 

国政へのさらなる進出に

意欲を示しています。

 

参院選には10名の候補者を

擁立するとしており、

地方議会から国政への進出を応援する支援者もたくさんいるようです。

スポンサーリンク

NHKを国民から守る党はなぜここまで支持されるように?

NHKから国民を守る党は信用できる?ネーミングで興味や関心も?3

NHKから国民を守る党」は、

なぜここまで支持されるようになったのでしょうか。

 

この支持の結果から、

国民によるNHKへの不満の高さ

伺えるという声も上がっています。

 

単純に、国民の中にNHKに対して

否定的な考え方を持つ人が多く、

それが今回の選挙の結果に現れているのではないかと言われているのです。

 

確かに、私の周りでも

NHKの受信料の集金に悩まされ、

文句を言っている人はたくさんいます…。

 

また、NHKは以前から

反日的な内容ばかり放送していると言われており、

 

NHKと韓国とのつながりに

不信感を持つ声も多く上がっているのです。

 

そういったNHKに対する

いろんな不満が多くの国民に募っており、

 

そんな中で「NHKから国民を守る党

という政党が現れNHKに対する

批判を掲げたことが多くの国民の共感を得たようにも思えます。

 

そんな流れが今回の高い支持に

つながったのかもしれませんね。

 

 

また、インパクトのある政党名

非常にわかりやすい政策

投票につながってのではないかという意見もあります。

 

これについては賛否両論あり、

わかりやすいからという理由だけで

この党に投票していたり、

 

ここまでわかりやすい政策でなければ

現代では投票につながらないのであれば問題だとも言われているのです。

 

個人的には、確かに他の党は政策が

よくわからなかったため、

わかりやすくておもしろそうな

 

NHKから国民を守る党

 

に票を入れた、というのは

あまりいい傾向ではないかもしれません。

 

ですが、こういったおもしろくてインパクトのある政党が存在することにより多くの人が選挙に興味を持ったり、実際に投票に足を運ぶきっかけになるのであれば、

それはそれでいい面もあるのではないかなと思います。

NHKから国民を守る党は信用できる?ネーミングで興味や関心も?まとめ

NHKから国民を守る党

というおもしろい名前の政党ですが、

 

NHK撃退シール”の使用方法などを

動画にしてYouTubeで紹介していたり、

若い世代にもアプローチできるような活動をしっかり行っているなと思わせられる部分もありました。

 

ただ、わかりやすい言葉というものは

人に伝わりやすく納得させやすいため、

過激でわかりやすい言葉だけに振り回されないようにも注意したいです。

 

しっかりその政党のやりたいことを理解し、

本当に「NHKから国民を守る党」が

NHKから私たちを守ることができるのかといった現実的な部分についても冷静になって考える必要があるのではないでしょうか。

スポンサーリンク