嵐の休止の理由って?精神的な疲れ?アイドルの立場の苦労や悩みも?
この度、衝撃的なニュースが世間を賑わせました。

それは「嵐の活動休止」というニュースです。

彼らの活動の幅は広く、家族で愛せるアイドルとして国民的な人気を博していただけに誰もが驚いたことでしょう。

 

このニュースが速報でも流れたあたり、まさに国民的アイドルだったんだなぁと改めて思ったりもしました。

 

また冷静に見ればリーダーの大野くんは来年で40歳です。

その他のメンバーも30代後半となっていて、もういい大人なんですよね。

そんな大人である彼らが出した結論ですから、それなりの理由があったに違いありません。

 

そんな彼らの決断の理由に迫ってみたいと思います。

そこからは一般人である私たちには分からない、アイドルという立場の苦悩も見えてきました。

活動休止の理由とは?

アイドルの苦悩とは一体?

早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

嵐の活動休止の経緯は?メンバーのコメントについて

嵐の休止の理由って?精神的な疲れ?アイドルの立場の苦労や悩みも?2

2019年1月27日に記者会見が行われ、嵐の活動が2020年いっぱいで休止をするとの発表がされました。

それぞれのメンバーがコメントをし、休止に至る経緯を説明したのです。

 

嵐はまさに国民的アイドルであり、ファン層が広いこともあって衝撃は大きなものとなりました。

ネットでも活動休止を惜しむ声とともに、お疲れ様と労わる声も多数あがっています。

 

また記者会見での質問に出たように「無責任では?」との意見もあるようで、賛否両論といったところです。

それだけの反響があったということでしょう。

 

活動休止にあたって、本当の理由は色々と憶測が飛び交うものです。

でも真に本当の理由なんて分かるはずもありませんよね。

ただ今回の場合は、リーダーである大野くんがしっかりとコメントを残しているまのでそこから考察してみたいと思います。

嵐の活動休止について。大野くんのコメントとは?

嵐の活動休止については、大野くんが2017年6月頃にメンバーに告げたようでした。

そこから約1年半をかけて、全メンバーが納得のできる答えを出すために何度も話し合いをしました。

 

そして大野くんの「一度何事にも縛られず、自由な生活がしてみたい」という意見を尊重する形となったようです。

その答えが「嵐の活動休止」だったということなんですね。

 

別の見方をすれば、リーダーの大野くん無しの嵐は嵐ではないと結論を出したようにも見えます。

そう見れば結束力の強いグループだったのかな?とも思えますね。

 

国民的人気を集めるアイドルグループならではの苦悩なのかもしれません。

大野くんの言う「自由な生活」というのも、私たちの感性とは別次元の話かもしれませんしね。

国民の多くに愛されるというのは、ある意味でとても狭苦しい部分もあるのでしょう。

また才能豊かな方でもありますので、自由にやってみたいと思う気持ちも強いのかもしれません。

 

別の番組では大野くんからは「自分を見つめ直す時間にしたい」ともコメントがされています。

実はこのコメントを見ると、実は私たち一般人とも共通するのでは?と思う部分になるんです。

スポンサーリンク

嵐の休止は一般人の方も実は理解しやすいかもしれない?

嵐の休止の理由って?精神的な疲れ?アイドルの立場の苦労や悩みも?3

大野くんのコメントで「自分を見つめ直す時間」というものがありました。

実はこれ、一般人の方の40歳を手前にされた方の多くが思う内容なんです。

 

40歳を手前にした方は割と一度立ち止まるんだそうです。

「このままで良いのか?」

「まだ何か新しいことができるのではないか?」

このように考えるからなんですね。

 

実際に大手の人材サービス会社によると、30代の転職希望者が圧倒的に多いとのことでした。

なにか新しいことをと思うと、30代の間がそろそろ最期の決断時と思うのかもしれませんね。

 

先に大先輩であるSMAPの解散や、滝沢秀明さんの脱退などを目の当たりにしましたし。

大野くんのところで思っていたところが膨らんだのかも?とも憶測されているようですよ。

嵐の休止の理由とは?大人の思春期

嵐の休止の理由って?精神的な疲れ?アイドルの立場の苦労や悩みも?4

衝撃的なニュースではありましたが、アイドルという特殊な職業での本当の理由はきっと分からないと思います。

でもコメントの端々を見ていると、30代で多くの方が経験する悩みに同じくぶつかったのかも?とも思えるんですね。

 

ネットではこれを「大人の思春期」などと呼んでいます。

 

活動休止については賛否両論ですが、私が見た感じだと応援する声が多い気がするんです。

家族で愛せるくらいファン層が広いので、当然なのかもしれませんが。

 

グループやアイドルという枠に縛られず、自由に活躍をしてもらえたらまた多くの方を喜ばせてくれるのではないでしょうか?

既にここまでで、多くの才能を個々が披露してきているわけですからね。

そこに関しては疑う余地もありません。

 

自由になった嵐のメンバーの今後の活躍と、一旦の2020年までの嵐としての活躍とどちらにも注目したいですね。

しかしコメントなど見ていて思うのですが、他のメンバーには疲労などはないのでしょうか?

嵐としてであれ、個々であれ元気に活動を続けていただくことを願います。

スポンサーリンク