パオパオチャンネルの二人の本名は?今後の活動やチャンネル運営は?

パオパオチャンネルは、男性と女性の2人組のユーチューバーです。

YouTubeでのチャンネル登録者数は、125万人を超えている大注目の人気ユーチューバーなのです。

 

ユーチューバーといえば、TVでも見かけるHIKAKIN(ヒカキン)をはじめ、若者を中心に、大人気ですよね。

 

ファッションや、メイク、ダンスなどをメインに動画配信しているパオパオチャンネル

人気の秘密はどこにあるでしょう。ご紹介していきます。

 

色々な角度で調べてみたので、ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

パオパオチャンネルの二人の本名は?

 パオパオチャンネルの二人の本名は?今後の活動やチャンネル運営は?1

パオパオチャンネルは、@小豆(あずき)さんと、ぶんけいさんの二人組です。

@小豆さんは、女性で1994年2月3日生まれです。

年齢は、25歳です。

動画では、気取らない自然体の姿を見せているので、同世代を中心に人気があるのも納得ですよね。

 

ぶんけいさんは、男性で、1994年11月13日生まれです。

今年で25歳になるので、@小豆(あずき)さんとは、ほぼ同級生になります。

兵庫県淡路島出身ということで、まったりとした関西弁が、動画での穏やかな空気感をつながっているのではないでしょうか。

 

いつも自然体でいる、パオパオチャンネルの二人を見ていると、友達の会話を見ているようで、もっと二人のことを知りたくなるでしょう。

 

@小豆(あずき)さんの本名は、非公開です。

ちなみに、愛称は「あーずー」です。

身長は154㎝で、小柄。

 

@小豆(あずき)さんという名前と相性バツグンだと思います。

ファッション・ビューティ系の動画では、等身大の若い女性の姿に好感がもてます。

 

ぶんけいさんの本名は、柿原朋哉(かきはら ともや)になります。

愛称は、「ぶんちゃん」です。

元々は、2011年7月よりニコニコ動画でダンス動画を投稿していたそうです。

 

@小豆(あずき)さんも、ニコニコ動画でダンス動画を投稿していて、二人は、東京の踊ってみたのイベントで出会ったそうです。

ちなみに、@小豆(あずき)さんは、神奈川県出身です。

そして、二人は2015年よりコラボレーション動画を始めます。

 

遠く離れた所に住む二人が、共通の趣味を通して、ネット上では知っていたかもしれませんが、実際に対面してコンビを組むなんて面白いですよね。

パオパオチャンネルの今後の活動は?

パオパオチャンネルの二人の本名は?今後の活動やチャンネル運営は?2

パオパオチャンネル2019年5月24日、5月末を持ってパオパオチャンネルとしての活動を休止すると発表しました。

動画で二人が説明をしています。

 

@小豆(あずき)さん、ぶんけいさん、それぞれの活動に専念したいという理由だそうです。

ぶんけいさんは、TOUMEIMODE(トウメイモード)という会社を経営しています。

そこでの仕事に専念したい、ユーチューバーとして、色々なことを経験したことで、やりたいことがでてきたと話しています。

 

解散ではなくて、休止をいう選択を選んだのには理由があるようです。

@小豆(あずき)さんは、パオパオチャンネルは安心できる場所だと語っています。

休止という決断にいたるまでに、二人は葛藤があったそうです。

さみしさや、不安もあるけれど、動画の視聴者へ、感謝の気持ちをのべています。

 

パオパオチャンネルの動画には、1万以上のコメントがついているものもあります。

踊ってみた」の「ロケットサイダー踊ってみた」は、900万回以上の視聴回数です。

二人が好きなことを楽しんで表現する姿は、見ていると微笑ましく、楽しい気分になります。

 

休止という選択をファンの方が理解して応援しているのは、素敵だと思います。

ファンに惜しまれ、親しまれているというのが伝わってきますね。

スポンサーリンク

 パオパオチャンネルの今後のチャンネル運営は?

 パオパオチャンネルの二人の本名は?今後の活動やチャンネル運営は?3

パオパオチャンネルは、UUUM株式会社に所属しています。

UUUM株式会社は、YouTuberのマネジメントをしています。

個人で活動していく上で起こる問題を解決するために必要と感じ、発足した会社です。

 

パオパオチャンネルの活躍の裏には、事務所のバックアップがあるということですね。

ユーチューバーが職業としてなりたつには、必要なことでしょう。

パオパオチャンネルの二人の本名は?今後の活動やチャンネル運営は?まとめ

パオパオチャンネルの二人の本名は?今後の活動やチャンネル運営は?4

ユーチューバーとして、休止という選択を選んだパオパオチャンネル

沢山のファンである視聴者は、彼らの選択を応援し、尊重している様子がうかがえました。

彼らの前向きな生き方そのものが、視聴者に元気を与えてくれているのでは無いでしょうか?

 

今回の記事も最後まで読んでくださって本当にありがとうございました。

スポンサーリンク