岡本昭彦は昔は面白かった?なぜ「全員クビ」と言う人が吉本興業の社長に?

一躍、時の人となった吉本興業の岡本昭彦社長。

元々は、宮迫さんたちの闇営業による世間のバッシングでしたが、流れは一気に変わりましたね!

 

吉本興業の売れっ子芸人である宮迫さんが反社会的なグループとの間に結ばれた契約。

通称「闇営業」という社会問題が冷静に見ると論点のすり替えのような流れにも見えてしまいます。

 

ですが、今回の岡本社長の会見によって、今まで溜まっていた静かだけど大きな怒りに日を灯すことになりました。

その怒りとは、吉本興業に所属している大多数の芸人さんです。

 

今回はそんな吉本興業に所属していた不遇な芸人さんの怒りを呼び起こした岡本社長の過去や今の立場に上り詰めた敬意を記事にしました。

ぜひ、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

岡本社長は昔は面白かった?ガキ使にだって身体を張って出演?

少し映像は古いのですが、岡本社長も若い頃も「ガキの使い」に出演することもあったんです。

最近も、出演して「ビンタ動画」として山崎邦正さんに理不尽なビンタをするという企画があったので、そちらを記憶している方もいらっしゃるかと思います。

 

個人的には昔の岡本さんの方がパンツ一枚で猫を抱く姿など、なんだかシュールで面白いように思えますし、体格もスリムで人相も今よりかはマシに見えますね。

ですが、先程紹介させていただいた「ビンタ動画」では見る人によっては不快感を与えかねない番組構成では?と感じました。

その動画は下記になります。

とりあえず強めにビンタしたらウケると勘違いしているのかな?と思える内容で山崎邦正さんに同情せざるを得ません。

ビンタ芸も息の合ったコンビの織りなす芸であれば、見ていてもすごく面白いとは思うのですが、ガキ使のビンタ動画は芸とは違うのではないか?と感じます。

 

年末のガキ使スペシャルで恒例の蝶野正洋さんと山崎邦正さんの掛け合いでは、プロの見せ場として覚悟をする時間や表現する機会があるように見えますが、芸を持たない人のビンタで笑うのはとても難しいなって思いました。

 

昔の動画では、岡本さんと山崎さんの掛け合いも面白かったんですけど、「社長」という立場が人を変えたのでしょうか?

変わったのは体格や年齢という見た目だけじゃなく、芸人に対する思いやりなどの欠如を感じさせてしまう雰囲気を感じてしまいました。

岡本社長は「全員クビ」と発言出来るほどの傲慢さで、なぜ社長に?

岡本昭彦は昔は面白かった?なぜ「全員クビ」と言う人が吉本興業の社長に?1

ここで、吉本興業というお笑い業界のトップとも言える会社の社長になることって、生半可な努力では慣れないように思えませんか?

いったい、岡本さんはどのようなキャリアを積んでお笑い界のトップ企業の社長にまで上り詰めたのかを調べてみました。

経歴としては、

本名・岡本昭彦

 

年齢・53歳歳

 

生年月日1966年生まれ

 

学歴は天理大学外国語学部インドネシア学科卒業(1991年)

 

経歴:吉本興業入社(1991年)

社会人となって2年目となる1993年からダウンタウンのマネージャーをしています。

ここが大きなターニングポイントかと思います。

 

そして、吉本興業の取締役→副社長から吉本興業代表取締役社長となります。

こうやって見るとかなりのサクセスロードは突っ走った感じですが、ダウンタウンのマネージャーの経歴が吉本興業では大きな肩書になったようです。

 

特にダウンタウンの松本人志さんのマネージャーをした人はすべからく副社長・社長・会長という吉本興業の中枢どころかトップ陣営になっています。

スポンサーリンク

岡本昭彦が社長になれたのは松本仁さんのマネージャーになれたから?

岡本昭彦は昔は面白かった?なぜ「全員クビ」と言う人が吉本興業の社長に?3

岡本昭彦社長の出世街道を見てみると、ダウンタウン以外のマネージャー歴としては。

東野幸治さん

今田耕司さん

木村祐一さん

130R(板尾創路さん・ほんこんさん)

など、今でも司会者やベテラン芸人として活躍する知名度の高い芸人さんのマネージャーを経験しています。

 

他にも出世作と言えるのはダウンタウンのマネージャーになった時期に「ダウンタウンのごっつええ感じ」の放送も開始したり、吉本興業という名を広めるほどの名作にも関わっています。

 

これだけの売れっ子のマネージャーという仕事も大変だと思いますが、吉本興業の軸となる業務にも密接に関わっていたこともあり、チーフプロデューサーと昇進し、吉本興業の代表取締役副社長まで駆け上がっています。

実際に調べるまでは、ダウンタウンの松本人志さんのマネージャーにつくことが出来れば出世できるのかな?程度にしか見ていませんでしたが、吉本興業という会社に対しての貢献度は思っていた以上でした。

この熱量というか、情熱を会社だけではなく、芸人さんにも向けていたなら、岡本昭彦社長は相当な人望を集めることができたようにも思えます。

ですが、吉本興業という大きな会社で出世をするには、会社への貢献と芸人への思いやりの両方を選ぶことは出来ないほどに厳しいものだったのか?それとも思いやりの無いドライな視点がマネジメントの仕事には必要だったのか色々な憶測だけはできます。

 

今回の岡本昭彦社長の記者会見では、一般の人以上に芸人からも不満がたくさん出る結果に終わりました。

一般の人には岡本社長の涙は全く響きませんでしたし、芸人をファミリーと表現することで、今まで冷遇されてきた芸人の怒りに火をつけました。

 

今後、年俸を50%はカットすることは記者会見で伝えたものの、「全員をクビにする」発言や、過去の芸人さんとの角質をどのようにして信頼を取り戻すのかを見ていきたいですね。

今回の記事も最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク