チルドドリンクがおすすめの理由!コンビニ限定やゴディバなどを考察

チルドドリンクという言葉を
聞いたことがありますか?

僕は普段チルドドリンクを毎日のように
目にしていたのですが、

「チルドドリンク」

という言葉を知らなかったので今回は記事に
しておすすめなどを紹介させてもらいます。

スポンサーリンク

チルドドリンクって何?おすすめする理由は?

まずはおすすめする前に

チルドドリンク」について説明しますね。

チルドドリンクとは

製造されてから流通して販売するまでのに
0℃~10℃の冷蔵状態で管理されている
加工飲料のことです。

 

要するに作られてからお店に並ぶまでに
ずっと冷蔵状態の飲み物というイメージです。

 

逆にチルド飲料ではない
缶やペットボトルの飲み物の場合は、
常温での保存が可能です。

 

そのために、
加圧加熱殺菌や殺菌した後に、無菌充填を
した上でビタミンCなどを酸化防止剤的に
使われています。

これらの努力のかいがあって常温で長期間の
保存が出来る半面、

味や風味が落ちてしまうという
難点があり、その難点を改善したのが

 

チルドドリンクの魅力となります。

 

なので、常温保存や長期保存という長所を
削って味や風味にパラメーターを振り分けた
飲み物と僕は解釈しています。

 

もっと伝わりやすく言うと、
フレッシュさをキープした味わい
がおすすめするポイントです。

 

厳密に調べたらもっと細やかな違いは
たくさんあるのですが、

時代の変化による消費者ニーズの多様化を
意識して作られたマーケティングのたまもの
だなって思います。

 

年々売り上げも伸びていますし、

保存とか考えずにすぐに飲みたい時などは
味と風味に力を入れたチルドドリンクを
選ぶ人の気持ちも分りますね。

チルドドリンクがおすすめの理由!コンビニ限定やゴディバなどを考察2

イメージ画像は上記のような感じです。
何となく美味しい飲み物が欲しい時に
コンビニコーナーで立ち寄る場所ですね。

 

乳製品やスムージーなど長期保存の効かない
消費期限の短い飲み物という認識しか
もっていませんでしたけど、

 

チルドドリンクは奥が深いです。

スポンサーリンク

コンビニ限定のチルドドリンクもあります

今やどこのコンビニでもチルドドリンクの
コーナーががあり、
コンビニごとに個性があり限定性もあります

今、人気のあるチルドドリンクを
ラインナップしてみると。

 

のむ野菜&くだもの IN ヨーグルト
(セブンイレブン)

タピオカほうじ茶ラテ
(セブンイレブン)

ナッツスムージー
(ローソン)

3種のナッツスムージー
(ローソン)

グリーンスムージー
(ローソン)

バターコーヒー
(ファミリーマート)

ケンズカフェ東京 ショコラオレ
(ファミリーマート)

ピスタチオオレ
(ミニストップ)

岩塩入りクリームチーズミルクティー

などがあります。

 

あまりの美味しさに買い占めた!

とかお気に入りのコンビニへのファン化や
コンビニの飲み物とは思えないような
個性的かつおいしさをかねそなえた魅力の
あるチルドドリンクが今は増えていますね

チルドドリンクはゴディバにまで!

チルドドリンクがおすすめの理由!コンビニ限定やゴディバなどを考察3

ゴディバという超高級チョコレートの老舗
をご存知でしょうか?

もしかしたらバレンタインデーに毎年もら
うことができる幸福なあなたや、

 

大切なパートナーへチョコを贈ったことの
あるあなたなら知っているかもですが、

 

その超高級チョコレートをチルドドリンク
として限定メニューにしていたりもします。

 

このゴディバは一粒500円くらい普通に
しますから牛丼一杯の価値を上回るスイーツ
です!

 

そんなゴディバの味をコンビニでもお手軽に
味わえるというのもチルドドリンクの技術
の発達による恩恵としか思えません。

 

ゴディバ監修のチルドカップ飲料はお値段が
200円台でコンビニで限定販売されることも
あります。

低価格化したぶん品質も落ちているんので
はないかという予感が有りましたが、

お味の方はファンの期待に応えうる本格的な
味わいが再現されていたそうです。

まとめ

チルドドリンクとは、
製造されてから販売まで
0℃~10℃の冷蔵状態で管理されている飲み物

チルドドリンクの魅力は一言であらわすと
フレッシュさをキープした味わい

年々売り上げもあがり限定商品も増えている

コンビニによっては限定のチルドドリンクも

ゴディバもチルドドリンク化で親しみやすい

となります。

今回も記事を読んでくださって
ありがとうございました^^

スポンサーリンク