悪魔のおにぎりの人気の秘密! SNSなどの話題性?人気の味と正体

今話題の商品、『悪魔のおにぎり』ってご存知ですか?

記事にするのは二回目ですが、

切り口を変えているので、
ささっとでも読んでいただたら嬉しいです!

 

この悪魔のおにぎりの販売実績は、

3日間で2万5,000個が売れたり、売り切れ店舗を続出させたり!

 

歴代1位のツナマヨまで抜いちゃったり!

 

 

今目が離せないおにぎりです。

スポンサーリンク

多くの人が心を掴まれたのはどうしてでしょう?

謎に包まれた悪魔のおにぎりの正体を記事にしてみました!

生みの親はローソンでした

 多くの人の心をつかみ、ハマってしまう人を続出させている悪魔のおにぎり

 

その人気ぶりは、おにぎりに潜ませた悪魔が人々の心を惑わせちゃったようですね。

 

 

さて、そんな悪魔を世に送りだしてしまったのは、

 

ローソンでした!

 

大手コンビニは悪魔を作っちゃうまでに成長していた模様です。

 

 

この悪魔のおにぎりが世に放たれたのは20181016

 

 

何でも、美味しすぎて食べすぎ注意!とのことで。

とことんハードルを上げまくるローソンさん。

 

しかし本当に名前だけでは罰ゲーム用の商品なの?なんて疑っちゃいます。

SNSでの反響はどうだったのでしょう?

SNSなどの話題性について

悪魔のおにぎりの人気の秘密! SNSなどの話題性?人気の味と正体2

インパクトのある名前やハマっちゃうお味から、SNSでも話題になったようです。

そんなこの商品の反響は、

中毒性のある味。1つで止まらない!

夜食にぴったり。

絶妙な割合の味。

どこも売り切れで、やっと買えた!

など、中毒性のある美味しい味品薄になる人気ぶりが見て取れました。

しかしやっぱり、結局何味なのかはっきりしない感想ばかり。

絶妙な味だと表現されるその正体、調べてみました。

スポンサーリンク

悪魔の正体はこれだった!

気になる悪魔の正体は

・白だしで炊いたご飯

・いか天入りの天かす

・青のり

・天つゆ

 これを混ぜ合わせてできた、うまみたっぷりのおにぎりでした!

・・・あ、これ絶対美味しい。

 

 瞬時に私の脳内をよぎった記憶たち。

 

白だしを入れるのよ~

 

絶対的に美味しい和食を作ってくれる私の祖母。

上品な味の秘密を聞くと、いつも返ってきていたあの答え。あの白だしさんですね!

 

 

美味しいだしを染み込ませてくたーっとなった天かす、美味しくて大好きです!

 

私はうどん屋さんでのトッピングとして、よく出会います。

甘い油が染み出て周りも美味しくしてくれるエリート。

 

あのエリートが白だしやめんつゆを吸ってるなんて。

それに青のりで磯の香りがプラスされたらきっともうたまらないお味。

 

確かに美味しくない訳がない組み合わせです。

これが110で味わえるなんて。 にくいですね、ローソンさん。

 

おにぎりはツナマヨ一択!を貫いてきた私ですが、

すでに買いに行っちゃいそうなくらい、誘惑を受けています。

 

しかし一気にここまで人気が広まったのは、美味しさだけではないようです。

話題性はSNSがきっかけ!?

驚きなのが、実はこの商品

 

元々、TVSNSで話題になっていたものを商品化していたんです。

 

簡単・節約レシピとしてTwitterを中心に出回っていたレシピなので、

無意識に悪魔のおにぎり=美味しい』が刷り込みされていた人が多かったよう。

 

SNSで人気のおにぎりがお店にあれば、確かに目に留まるのも分ります。

 

名前もそのまんま使っているので、聞いたことある!って思い出せちゃいますね。

3つの戦略で流行を作った!

今回の流行は、SNS世代の動きを上手く掴んだローソンの戦略勝ちです!

  • インパクトのあるネーミングで目を止めてもらう。
  • 試しやすい価格で購入してもらう。
  • 好印象の刷り込みが行われていることで抵抗なく新しいものにチャレンジしてもらえる。

 

 ⇒またSNSで話題になるといういいループが出来上がる。

 

美味しさはもちろん、
時代に乗った策士の存在が大きかったことが分かりましたね!

悪魔のおにぎりのまとめ

・ローソンで10月から売り出された。

 

・中毒性のある美味しい味で、品薄になる人気ぶり。

 

・悪魔のおにぎりは、

白だしで炊いたご飯、いか天入りの天かす、青のり、天つゆ 

を混ぜ合わせて作られたおにぎりだった。

 

・元々、TVやSNSで話題になっていたものをローソンが商品化したものだった。

 

・人気の鍵は、SNS世代の動きを上手く掴んだこと。

 

・戦略は、

 インパクトのあるネーミング、試しやすい価格、好印象の刷り込み

の3つからできていた。

となります。

今回も読んでいただきありがとうございました^^

スポンサーリンク