ゾゾスーツの疑問?ピチピチの謎やデザインと機能!試着後の問題は?

ゾゾスーツ」というファッションをご存知でしょうか?

ニュースで聞き覚えがある方も多いかもしれませんね。

 

驚きの機能で話題をさらった商品です。
ネット通販に革新を起こす、
近未来的な性能を持っているという触れ込みで登場しました。

 

聞いたことがある方も、
聞いたことがない方も注目のゾゾスーツを知っておいて損はありませんよ。

 

ネット通販全盛の時代に新しい道を拓くことができるのか?
大注目の商品「ゾゾスーツ」の全貌を見ていきましょう。

スポンサーリンク

ゾゾスーツってなに?何が新しいの?

ゾゾスーツとは、
ファッション通販サイトZOZO TOWN運営会社のスタートトゥデイが発売したボディスーツです。

このスーツはファッションとして着るものではありません。

採寸用のボディスーツなんです!

 

ピッタリとした近未来的なシルエットで、
スマホとBluetoothさえ繋げば瞬時に採寸出来るという代物となります。

 

伸縮センサーなるものが付いていて、
機能や見た目はまさに未来の世界です。

 

ネット上でも「GANTZ(アニメ、漫画)」のようだと話題になりました。

多くの方はこの「ゾゾスーツ」をご存知だと思います。

実はこの続きの話があったんです。

初代ゾゾスーツとは?実は失敗に終わっていた?

ゾゾスーツの疑問?ピチピチの謎やデザインと機能!試着後の問題は?2

このゾゾスーツは企業のプロモーションもあって、
100万件の受注があったそうです。

 

話題になった上に、
希望者には無料で配布というプロモーションでしたので反響も大きくなりました。

 

しかし実際にゾゾスーツを手に出来たのは、
ごく一部の方だけだったのです。

 

受注数分を生産することが出来ずに、
反響の大きさに応えられるものではありませんでした

 

大量生産が出来るものではなかったのです。

そこでスタートトゥデイは新型のゾゾスーツの開発、
そして発表を行いました。

 

つまり大きく取り上げられた「GANTZ」のようなスーツは、初代ゾゾスーツだったわけです。
そうなると気になるのは新型ゾゾスーツですよね。

スポンサーリンク

ゾゾスーツの新型の評判は?

ゾゾスーツの疑問?ピチピチの謎やデザインと機能!試着後の問題は?3

2018年4月27日に開かれた決算説明会で、
新型ゾゾスーツが発表されました。

 

また、この日のうちに約4000枚の新型スーツを出荷しました。

新たな希望者のもとへと届けられたのです。

 

この新型スーツは衝撃の見た目をしています。

初代ゾゾスーツには「GANTZ」のようなスタイリッシュさがありました。

 

しかし新型のスーツには、無数のドットな水玉模様があるのです。

 

察しの良い方は分かったかもしれませんが、
伸縮センサーを撤廃して水玉模様のセンサーを搭載しました。

この水玉模様のセンサーによって、
スマホのカメラで写真を撮ることで採寸出来るようにしたのです。

 

コストのかかる伸縮センサーをやめ
コスト削減のために写真を使ったセンサーを採用しました。

 

見た目のスタイリッシュさは無くなってしまいましたが、使い勝手はどうでしょうか

新型ゾゾスーツのメリットとデメリット

見た目のスタイリッシュさがなくなってしまいましたが、
新型ゾゾスーツにもメリットがあります。

それはネット環境がなくても良いことです。

初代ゾゾスーツではBluetoothとの接続が必要でしたが、
新型ゾゾスーツには必要ありません。

接続ができないなどの問題は発生しないので、誰でも使えます。

また新型ゾゾスーツは1枚1000円ほどで作ることができるので、
コストがかからず大量生産が可能です。

 

さらに電子部品を使用していないので洗濯も可能となっています。

見た目以外のデメリットは、
360度分の写真が必要となることです。

そのためには計12回の撮影が必要となります。

あとは何より、
機能の仕組みがアナログ化しています。

 

それによって近未来感は無くなってしまったように思うのです。

ゾゾスーツの使い勝手はいかに?

ここまでを知っていただけたら、
気になるのは使い勝手ですよね。

 

まずは着心地から見てみましょう。

 

ちなみに、
このボディスーツは上下が繋がった全身スーツではありません

上半身の部分のスーツは、
サイジングがキツめですがストレッチの効いた仕様です。

 

強めにストレッチの入ったUNIQLOのエアリズムみたいな感触となります。

下半身のスーツは比較的ゆったりとしたサイジングです。

 

そして実際に着ると、
首元がかなり苦しくなってしまうみたいですね。

 

ストレッチが効いているとはいえ、
長時間は着ることはできそうにないようです。

 

そして実際の計測です。

計測は専用のアプリで行います。

スマホを立てるための専用台紙がついていますので、
スマホのセッティング自体は難しくありません。

 

ただ、撮る時の姿勢や明るい場所の確保などの制約が多くなります。

 

12回の撮影のほかに、最初にテスト撮影を3回するとのことでした。

ここまでくると「着ただけで計測できるという印象は、
ほぼありませんよね

 

長時間着るわけではないのでキツいのはともかく、
撮影に時間がかかるのは面倒かもしれませんね。

ゾゾスーツとは?初代と新型が実はあった?〜まとめ〜

ご紹介してきました「ゾゾスーツ」はいかがでしたか?
試着ができないネット通販に革命が起こせそうな発想ですよね。

でもデメリットが多く
まだまだ挑戦段階としか言えないのではないかと思います。

スマホでの撮影は流石に面倒な気がしてなりませんね。

願わくば、
初代の発想や機能のまま低コスト化して欲しいと個人的には思ってしまいますが…

今後のスタートトゥデイの挑戦に期待しましょう!

今回はその半ばとなる「新型(水玉)ゾゾスーツ」の紹介でした。

スポンサーリンク