デコチョコがすごく便利?工夫次第で本命や義理に?買うなら通販?

今やクリスマスと並ぶ「国民的行事」になった

 

バレンタインデー

 

皆さんは毎年どんなバレンタインデーを過ごしていますか?

 

思いを寄せている人に贈る「本命チョコ

職場やお世話になっている人などに配る「義理チョコ

親友に送る「友チョコ

最近は自分へのご褒美として高価な「ご褒美チョコ

を購入するなんて人も増えています。

 

そんな中、誰にでも簡単に作れる

 

「デコチョコ」

 

が話題になっています。

「義理チョコ」「友チョコ」「ご褒美チョコ」にでもなり得るデコチョコの魅力を調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

バレンタインデーの由来とは?なぜチョコレートなの?

デコチョコがすごく便利?工夫次第で本命や義理に?買うなら通販?2

日本では2月14日のバレンタインデーには、女性が男性にチョコレートを贈り愛の告白をする日として知られていますが、実はこの習慣日本だけのものって知ってました?

バレンタインデーの起源にはいくつかの説があります。

 

もっとも知られているのは、聖バレンタイン司教にちなむものです。

 

はじめはこの3世紀のローマ人であるバレンタイン司祭の死を悼む宗教的行事でした。

 

これが 14世紀頃からは若い人たちが愛の告白をしたり、また、一説には2月が春の訪れとともに小鳥もさえずりをはじめる、愛の告白にふさわしい季節であることから、この日がプロポーズの贈り物をする日になったとも言われています。

日本初バレンタインチョコは、昭和7年(1932年)に発売され、モロゾフの創業者がこの日に贈り物をする欧米の習慣を紹介したのがはじまりとされています。

その後、昭和40年代から森永製菓も普及活動を展開し、昭和50年代に全国に定着したといわれています。

日本では、2月14日のバレンタインデーは、女性が男性にチョコレートを贈り、愛の告白をする日として定着していますが。

 

が、これは1958年に、日本の製菓会社を中心に

 

バレンタインデーには愛する人にチョコレートをプレゼント

 

というキャンペーンや宣伝を行ったのがきっかけではじまった、日本独自の習慣です。

1970年代前半頃になると、バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣が小学校高学年~高校生の学生の間に広まるようになってきたようです。

小売業界の積極的なマーケティングによって日本でもバレンタインデーが広まってきたからではないでしょうか?

スポンサーリンク

最近のバレンタインデーは多様化が進んでいる!?

デコチョコがすごく便利?工夫次第で本命や義理に?買うなら通販?2

現在の、バレンタインデーは日本では「義理チョコ」が定着し、職場では女性社員が上司や同僚にチョコレートを贈る事も増えていますね。

定着したがゆえにチョコをあげないといけないという義務感に縛られる現実もあるのではないでしょうか?

現に私にとって年々気が重いイベントになってしまっているのも確かです。

・職場の人や同僚にあげるかあげないか

 

・職場の誰にあげるかの選別

 

・誰が買ってくるのか

 

・いくらくらいの予算で買うか

 

・甘いものが食べられない人もいるので、チョコかクッキーか、おかきにするのか

などなど悩むことも多いのです。

 

ですが最近のバレンタインは、女の子だけが関与するイベントだったものが、いまや男性も違和感なく参加したりもします。

相手も目的も人それぞれでチョコレートを楽しむ人が増えてきています。

 

スイーツ男子」も珍しくもないご時世、バレンタインはカップルでお店に来店し、

設けられているイートインスペースで、アイスクリームや挽きたてコーヒーを楽しむなんていう過ごし方もあります。

本命や義理に便利なデコチョコとは?

デコチョコがすごく便利?工夫次第で本命や義理に?買うなら通販?4

そんな多様化が進んでいるバレンタインデーを楽しくするのが

 

デコチョコ

 

世界に一つだけのオリジナルチョコが作れるところが何といってもデコチョコの一番の魅力だと思います。

 

バレンタインで人気の「デコチョコ」は、トリュフなどのチョコにチョコレートのペンで模様を描いたり、ココアパウダー・アーモンド・チョコスプレーなどでデコレーションしたチョコのことです。

 

デコるものによって、「ポップなチョコ」になったり「大人っぽいチョコ」になったり様々なアレンジができ、絵を描くのが苦手な方でもおしゃれに出来るので作っていても楽しいですね。

 

またYouTubeにもたくさんのチョコをデコる動画がアップされているのも、デコチョコの人気を支えている一因でもあると思われます。

 

一方、どんなチョコレートを準備しようか迷っている時に、一味違ったチョコレートはどうでしょうか?

 

自分で撮った写真や、描いた写真をインターネットから包み紙にデザインできるオリジナルのチロルチョコというインパクト抜群のチョコレートを作れるサービスもあります。

 

このチロルチョコは、フレームやスタンプがバレンタインデー仕様にとどまらず、さまざまな季節のものが用意されています。

 

自分でテキストを入力することもできるようなので、バレンタインデーだけではなく、ホワイトデー・成人式・七五三など節目のイベントの記念品もにも使えますよね。

他にも結婚式のプチギフトなどでも活躍の場は広がります。

 

このように工夫次第で、いろいろなシチュエーションで使える「デコチョコ」。

パソコンだけではなく、スマホでも使えることからこれからの需要も増えるかもしれませんね。

スポンサーリンク