嵐の休止で代わりが務まるのは?関ジャニやセクゾにキンプリ?

嵐の活動休止

突然のニュースにびっくりした方も多いのでは?

 

2020年まで全力で駆け抜けてくれるようですが、

気になるのはその後のお話し。

 

 

確実に必要とされる

 

“ 嵐の代わりを務めるグループ ”

 

一体どうなるのでしょうか?

ジャニーズに所属している有力なアイドルは他にもたくさん在籍してはいるものの、嵐クラスになると……。

 

代えの効かない日本を代表するトップアイドルだからこそ休止の間に嵐のポジションを得るアイドルがなかなか想像出来ません。

 

なので、色々調べて、考えてみて記事にしてみました。

スポンサーリンク

嵐活動休止!

嵐の休止で代わりが務まるのは?関ジャニやセクゾにキンプリ?2

少し前のスマップ解散も記憶に新しい中、

まさかの嵐まで活動休止というニュース。

 

まさに国民的アイドルというのに相応しいグループが、こうも立て続けに見られなくなってしまうなんて驚きですよね。

 

ただ、突然解散に踏み切ってしまったスマップとは違い、嵐の場合は2年間弱の猶予がありましたよね。

 

「2020年12月31日まで全力で駆け抜けます」

 

そんな言葉に悲しさや驚きはもちろんですが、私は嵐っぽいな、なんて感想を持ちました。

だって、どこまでも 爽やかで好印象 なんですもん。

 

数年間の話し合いを重ねたこと、

きちんと自分たちの素直な言葉で記者会見を行ったこと

 

重ねて特筆すべきは、

 “活動休止までの期間を、かなり余裕をもって世間に伝えたこと。”

これには好感を持ったファンの方も多い様子でした。

 

これはファンへの誠意だけではなく、嵐というグループを支えている人達。

嵐を支えることが仕事であり、そのサポートによってご飯を食べている業界の人への配慮にもなるようです。

 

関係者は何もファンだけじゃないですからね。

 

関わっている全ての人対しても誠意を示してのけじめと考えると、ファン以外の関係者の方からも嵐というグループへの好感は上がったと思います。

 

 

最近のジャニーズのニュースで言うと、

タッキー&翼の活動終了 がありましたよね。

 

私、タッキー凄く好きだったんですけれど、

何というか悲しみよりも、突然すぎて受け入れに時間がかかりました

 

 

(・ ・ ポカーン

なんて具合がしばらく続きました。

 

 

 

そんなニュースがあったからこそ

最後までの期間を、しっかり提示してくれる嵐に、

 

 

心の準備期間を、きちんとくれているのかなぁ

 

と、一人テレビの前でしみじみしちゃいましたよ。

スポンサーリンク

気になる嵐というトップアイドルの代わりはいるの?

 

 

国民的アイドル”  “ジャニーズの柱

 

そうなるグループに必要なものって、一体何なのでしょう?

 

 

私のイメージでは、老若男女に認知されていることや、

爽やかで親しみやすいイメージを持っていることでしょうか。

 

嵐というグループは家族で応援できるアイドルとも呼ばれていましたよね。

 

 

今までで言うと、

TOKIOやV6、スマップに嵐

 

だんだんとバトンが渡されてきた気がしますが、

 

 

 

まだまだ嵐がメインで活躍する時代が続くだろう。

きっと、誰もが思っていた矢先の今回のニュース。

 

 

『バトンタッチには早すぎる!』

 

何て声が沢山聞こえてきます。(私も言いたいです)

 

 

 

さて、嵐の活動休止後は一体どのグループが代わりを務めるのでしょう?

 

花形でありつつも、きっと荷が重い立ち位置ですよね。

 

 

ある程度の“経験も必要で、もちろん“人気だって欠かせません。

どのグループを思い浮かべましたか?

 

嵐に変わるグループは?みんなの未来予想は!?

私は、

“これ!という絶対的なグループが思いつかない”

というのが正直な感想です。

 

 

これには、世間の方々も近い意見の方が多いよう。

 

 

例えば

 

関ジャニは

 

『経験が豊富で、ぴったりなんじゃないかな?』

『お昼の情報番組やバラエティーにも良く出ていて、認知度も高そう。』

 

なんて意見とともに、ウリである関西ノリが吉と出るか凶と出るのか、と悩みの声も。

平成ジャンプ

 

セクシーゾーン

 

キスマイ

 

キンプリ

などの様々な若手グループに期待の声が上がる中にも、

 

やはり嵐の代わりとなるには

まだ少し早いのでは?』 

 

荷が重いのでは?

と、まだ良くも悪くもフレッシュな印象が付きまとっている様子。

 

 

 

これからの2年間は嵐の活躍とともに、

どのようなバトンタッチが行われていくのか、にもぜひ注目したいですね。

嵐の代わりはどうなるか?のまとめ

・嵐の活動休止に、日本中が驚いた。

 

・活動休止までの期間にかなり余裕をもって世間に伝えた誠意ある報告に、好感を持った人が多い。

 

・活動休止報告からの2年間は、心の準備期間をくれている嵐の優しさとも感じる。

 

・誰もが予想していなかった嵐の早すぎる活動休止に、代わりとなるグループに関心が高まっている。

 

・嵐の代わりとなるグループの予想が飛び交うが、

どのグループもあと一歩物足りず、絶対的な予想はまだ見当たらない。

 

・これからの2年間は嵐の活躍とともに、次世代へのバトンタッチにも注目したい。

スポンサーリンク