メロディーレーンの名前の由来と父親と母親は?最軽馬体重でも強い理由も!

メロディーレーンは、2019年の9月28日の阪神6Rで、馬体重338㎏で勝利して、JRA最小体重優勝記録を更新しました。

岩田望来騎乗メロディーレーンは、大外から差し切り勝ちをしました。

 

この優勝で、メロディーレーンは、前々走でメロディーレーン自身が記録した340㎏から、JRA最小体重優勝記録を2㎏更新したことになります。

そして、勝ちタイムは2分37秒1で、阪神2600メートルJRAレコードを0秒2更新したのです。

 

メロディーレーンは、超小柄な牝馬(メスの馬)ですが、なぜこのような勝利をおさめることができたのか、興味深いですよね。

森田調教師は、「菊花賞の登録も考えたい」と話していました。

メロディーレーンの名前の由来や、最軽馬体重で勝てる理由についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

メロディーレーンの名前の由来は?

メロディーレーンの名前の由来と父親と母親は?最軽馬体重でも強い理由も!1

まずは、メロディーレーンのプロフィールをご紹介します。

生年月日:2016年2月12日(3歳)

性別:牝(メス)

毛色:鹿毛(かげ:茶褐色の毛)

調教師:森田直行(栗東トレーニングセンター所属)

馬主:岡田牧雄

生産者:岡田スレッド

産地:新ひだか町

父:オルフェーヴル

母:メーヴェ

 

メロディーレーンの父であるオルフェーヴルは、クラシック三冠馬です。

メロディーレーンの母であるメーヴェも勝利を収めている馬で、メロディーレーンは初仔(はつご)だそうです。

初仔とは、初めて生んだ子供のことです。

メロディーレーンは、良血馬であることが分かります。

 

父と母ともに、美しく格好良い名前を持っていますが、メロディーレーンの名前は由来が気になります。

メロディーレーンの名前の由来は、

椿の「Melody lane」という品種です。

小さくて美しい椿のイメージが、メロディーレーンの可愛いイメージにピッタリの名前ですよね。

スポンサーリンク

最軽馬体重で圧勝出来る理由とは

メロディーレーンの名前の由来と父親と母親は?最軽馬体重でも強い理由も!2

メロディーレーン最軽馬体重なのに、なぜ勝てるのか、その理由が気になりますよね。

森田調教師は、

追い切りよりも、レースの方が息が上がってなく、心臓と肺が強すぎる」

と、メロディーレーンのスタミナが勝因であると語っています。

岩田望来騎手は、

「2600メートルで直線も長く、ポジションにこだわらず進めた。3コースから仕掛け、直線は、思い通りの末脚で差し切ってくれ、長いところなら、これからも楽しみ」

と語っています。

森田調教師は、ジョッキーに「早仕掛けしろ」と指示を出していたそうです。

メロディーレーンの心肺機能の高さに確信があったからでしょう。

「末脚(すえあし)」とは、ゴール前の馬の伸び脚のこと。

メロディーレーンは「末脚の切れる馬」ということが言えます。

ゴール前の直線で追い抜いてくる馬の姿を見ていると、感動すら覚えますよね。

 

メロディーレーンの強さは、

1良血統であること

2心肺機能が優れていること

3末脚の切れる馬であること

が考えられます。

体重が軽いことで筋肉量は少なくても、心肺機能でカバーすることで、軽い事が速く走ることにプラスに働いているのかもしれません。

レースを見ていても、他の大きめの馬と比べると、メロディーレーンは一回り小さく、軽々と追い抜いていきましたよね。

小さくて可愛く見えるので、応援したくなります。

 

第80回菊花賞(2019年10月20日 京都 芝3000)への登録も考えているという森田調教師。

クラシック登録していないため、追加登録料が必要になるそうですが、期待がたかまりますよね。

掲示板やツイッターなどでは、小柄ながらも強いメロディーレーンの姿を応援する声が沢山見受けられます。

最軽馬体重であることを活かして、これからも、強くて可愛い姿が見ることが楽しみです。

そして、どんな記録を作っていくのか、注目の的です。

スポンサーリンク