なつぞらの脚本とキャストは?大森寿美男の過去作からあらすじも?朝ドラ100作目の配役と今後の展開は?

あなたはNHKの朝ドラを

毎日見ていますか?

 

NHK朝ドラ「まんぷく」の次は、

広瀬すずさん主演の「なつぞら」ですね。

 

まんぷく」はインスタントラーメン

創業した夫婦の実際の物語を

モデルにしていました。

 

まんぷく」の次の朝ドラ「なつぞら

はどんな物語を歩むのでしょうか。

 

 

キャストやヒロイン、

あらすじが気になる人も

きっと少なくはないですよね。

 

NHK朝ドラ100作目という

記念の作品でもあり、

力の入れ具合も違うのではないでしょうか。

 

なので、今回はドラマのモデルになった

人物なども気になりますので

調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

NHK朝ドラ「なつぞら」とは?

なつぞらのキャストが豪華?朝ドラ100作目の配役と今後の展開は?1

毎回、朝ドラの放送が間近になると、

その話が実話なのか

原作はあるのかなど、

その物語のルーツなども辿ってみたくなりますよね。

 

今回の記念すべき朝ドラ100作目

 

なつぞら

 

は脚本家・大森寿美男さんによる

完全オリジナルストーリーのようです。

 

大森寿美男さんの脚本と言えば、

2005年NHKの土曜ドラマとして

放送された

 

クライマーズ ハイ

 

と言う作品を見たことがあります。

 

じりじりと時間を追って

迫りくる報道マンたちの闘いは

息詰まるものを感じました。

 

日航機墜落という大きな事故を取り上げた

ハードな社会派なドラマです。

 

今考えると主役級の俳優さんが

ずらっと出演していました。

・佐藤浩市さん

 

・大森南朋さん

 

・新井浩文さん

 

・高橋一生さん

 

・石原さとみさん

このそうそうたる俳優の方々の熱演や、

細部に至るまで作り込まれた

クオリティがすごい作品でした。

 

臨場感にあふれ、見る者も

クライマーズハイ状態になります!

 

目まぐるしい展開が印象的で、

他の手掛けた作品を見てみると、

リアリティな部分とコミカルな部分

使い分けるイメージがあります。

 

そんな大森寿美男さんが脚本を手掛ける、

 

「なつぞら」

 

簡単なあらすじを見てみましょう。

昭和21年(1946年)初夏。

両親を戦争で失い戦争孤児となった

ヒロイン・奥原なつが、

生まれ育った東京から

北海道・十勝にやって来ます。

 

柴田家は、北陸からやってきた

開拓移民酪農家でした。

 

開拓精神にあふれる一家とともに

暮らすことになったなつは、

山田天陽という名の同い年の少年と出会い、

 

天陽から当時、

アメリカではやっていた漫画映画の

魅力を教えられ感銘を受けます。

 

のちのアニメーションの世界です。

 

高校生になったなつは、

絵を描く夢を持ちます。

そんな折、生き別れていた兄が

東京で働いていると知らされる。

 

なつに旅立ちの日が近づいていた・・・・・。

といったストーリーです。

なつぞらのヒロインは広瀬すずさん!

なつぞらの脚本とキャストは?大森寿美男の過去作からあらすじも?2

この朝ドラ「なつぞら」の

ヒロインに選ばれたのは広瀬すずさんです!

 

2017年のアカデミー賞で、

優秀主演女優賞(ちはやふる-上の句)と、

優秀助演女優賞(怒り)をW受賞した、

とっても勢いのある若手女優さん

 

というイメージを皆さんも

お持ちではないでしょうか。

 

朝ドラといえば

厳しいオーデションで勝ち取った役を

きっかけに売れていく女優さんが多い

気がしますが、

 

今回の「なつぞら」は

99作目の朝ドラ「まんぷく

より先に100作目の主演が決定したり、

 

主演はオーデションではなく

キャスティングで広瀬すずさんが

選ばれているところからも、

 

NHKの朝ドラ100作目にかける思いや期待が伝わります。

スポンサーリンク

私は2016年「怪盗山猫」というドラマで

天才ハッカー役を演じた広瀬すずさんが

とても記憶に残っています。

 

それまでは、お人形さんのような

可愛い見た目が印象的でしたが、

 

このドラマでは、目から伝わる

感情の表現が素晴らしく、

影のある役がこなせるという事を

世間に知らしめたと思います。

 

共演されていた俳優さんとの

絶叫演技対決には魅せられました。

 

同年、「ちはやふる

四月は君の嘘」「怒り」などの映画に

出演しました。

 

そんな数々の賞を受賞される活躍をみて

ますます魅力的な女優さんになっている!

と感じています。

豪華すぎる朝ドラ100作目の配役と今後の展開は?

なつぞらの脚本とキャストは?大森寿美男の過去作からあらすじも?3

朝ドラと言えば、

ヒロインに注目が集まりがちですが、

その他にも注目スべき俳優がいます!

 

・岡田将生さん

 

・草刈正雄さん

 

・松嶋菜々子さん

 

・藤木直人さん

 

・安田顕さん

 

・高畑淳子さん

 

・山田裕貴さん

 

・吉沢亮さん

などなど挙げればきりがない程の

すばらしい俳優さんが脇を固めています。

 

しかもこちらの方々は

北海道十勝編」のキャストです!

 

その後発表された、

 

東京・新宿編」のキャストの方々は、

北海道・十勝編」とはまたひと味ちがい

ゴージャスで華やかな印象があります。

約30年前「純ちゃんの応援歌

でヒロインを演じた山口智子さんが、

元人気ダンサーでおでん屋の女将役を、

 

どんど晴れ」でヒロインを演じた

比嘉愛未さんは、カフェオーナー役で、

 

またこのNHKの朝ドラに

戻って来られているのも

なんだか素敵ですね。

 

このような豪華すぎる朝ドラ100作目の

なつぞら」ですが、

これまで漫画業界・出版業界・テレビ業界の

ドラマは数多く放送されてきましたが、

 

アニメ業界の舞台裏となると

そのような作品は

過去にあまりないような気がします。

 

いま旬の女優と言われ、

戦争と縁とゆかりもない、

平成生まれの広瀬すずさんが、

戦後に生まれたある女性の半生を

今後どのように演じ、

 

 

またアニメ業界という斬新な舞台の裏側を、

脚本家の大森寿美男さんが

どのように面白く、

リアリティあふれる作品に描いてくれるか

を楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク