岡村の嫁探し炎上の理由とツイッターの反応は?なぜ不快感を感じる?

老若男女から人気のある番組「チコちゃんに叱られる」の1つのコーナーが炎上を起こしました。

その炎上したコーナーは「岡村の嫁探し」です。

個人的には岡村さんが好きなので、一体なんで炎上したの?と思いましたが、その理由から見えるものはたくさんありました。

 

企画の名前だけからだと、けっこう優しい内容で岡村さんを応援したくなるようなコーナーかな?と思ったりもしましたが、実際は違ったようです。

端的に言うと、独身男性への偏見女性軽視という男性にも女性にも快くない構成になる結果のコーナーになってしまいました。

 

一昔前なら、笑って済ませられたかもしれませんが、今は視聴者さんの感性も多様化していますし、違和感にはハッキリと物申される時代です。

それに毎週やるコーナーとして何度も視聴していたら、小さな不快感も募りプチ炎上が大炎上になってしまったのかもしれません。

 

そんな炎上騒動にまで発展している「岡村の嫁探し」から見えるモノをお伝えしていきます。

ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

岡村の嫁探し炎上の理由とツイッターの反応は?

炎上の理由は上記でもお伝えした

①独身男性への偏見を助長させる構成

②不躾な質問をされた嫁探し候補の相手への女性軽視

の2点かと思われます。

僕もこのコーナーは見たことが何度かありますが、意図的に上記のような思いを含めて作られた訳じゃないとは思いますが、いじりやすい岡村さんに甘えた企画かなとは思いました。

 

番組のマスコットキャラクターでもあるカラスの「キョエちゃん」は毎回岡村さんに対して無茶振りや斜め上のいじりをして笑いを誘いますが、今回は配慮が足りなさすぎましたね。

ただ、あまりにも配慮が行き過ぎると番組がどんどんつまらなくなり、これはこれで批判されるのがテレビ番組の難しいところ。

 

あらを探せばきりがないので、あまりにも神経質になるのはいかがなものかと思う気持ちもあります。

 

ツイッター上ではどのような反応があったかを調べてみると、

辛辣なお言葉も結構ありますが、このコーナーだけを飛ばすけど他の部分はまだ見捨てられていませんね!

こちらの意見は非常に視点が高くて、今回の炎上した理由を繊細に扱ってくれているように感じました。

僕もこのような経済的な統計ではありませんが、平成生まれの方は豊かな時代で育てられた割合が多く、親になっても贅沢が捨てられないなど結婚の後も大変だったりしますよね。

結婚するのも大変なのに、未婚男性を笑いのネタにする寂しさを実感できます。

スポンサーリンク

岡村の嫁探しになぜ不快感を感じてしまうのか?

個人的にはそれほどこのコーナに対して不快感を感じたことが無かったので、色々な意見や報道を見ていて気づかせてもらえて点があります。

文章でだけ読むと、

地方の女性を勝手に嫁候補とみなす男性中心的な目線と、岡村さんとの結婚を大げさに拒否することでの「男性に対するセクハラ」の構図。

出典元https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200305-00000001-binsiderl-soci&p=1

とありますが、そこまでことを大きく捉えるとは感性が豊か過ぎるのでは?と正直思ってしまいました。

実際番組を見ていると、嫁候補にされた女性もコーナーの主旨を理解して番組に協力的ですし、岡村さんを嫌っているわけではないのはひと目で分かります。

一般男性に対して一般女性にこのような不躾な質問をする番組があれば、それは炎上待ったなし!ですが、芸能歴が長く実績も一流の岡村さんだからこそ成り立つ企画だと思う面もあります。

ただ、岡村さんは一時この業界にいることで精神的に追い詰められて一時休業を余儀なくされているので全く不安が無いわけではありません。

でも、決して女性を軽視したりする要素はそれほど多くはないと思いますし、岡村さんが仕事と割り切って一般人には耐え難いいじりにも応えてくれるならそれ以上突っ込む方が酷かなとも感じてしまいます。

ツイッターの意見で少し共感できるものとしては

という言いたいことをハッキリと言う人もいるなぁと思えるコメントもありました。

今のテレビ業界は以前よりも視聴者さんに配慮しなくては成り立たなくなりましたよね。

 

今回の炎上の当人とされつつある岡村さんが不用意に発言してしまった「嫌なら見るな」という思ったことを発しただけで今でも叩かれているくらいですから。

沢尻エリカさんの「別に…」など一般人の人だって精神的な疲労が蓄積されたら発してしまう言葉が何年経っても一部の視聴者には強く刻まれているものです。

 

そこまで深い意図のある発言ではなくても、炎上してしまうのですから、番組構成も今後さらに難しくなっていくように思えます。

今回の記事も最後まで読んでくださってありがとうございました^^

スポンサーリンク