高輪ゲートウェイ混みすぎ!何時間待ち?空いている時間帯はないの?

こんばんは!、こあらです。

高輪ゲートウェイ駅の人気がすごいですね!

現地に行った知人の感想は「高輪ゲートウェイ混みすぎ!」でした。

 

半世紀ぶりに山手線に新しい駅が誕生したことですごい人混みのようです。

記念に切符を購入しようと思ったら軽く3時間待ちも当たり前だとか。

 

僕も一度は自分の足で現地に行き、自分の目で新しい時代の象徴とも言える高輪ゲートウェイ駅を観てみたいのですが…。

 

今は政府の自粛の要請や、新型コロナウィルスの感染拡大の一助になってしまうのが不安なので控えるべきだとも考えています。

ですが、このような自粛ムードでなければもっと大手を振って現地に行けたはずの高輪ゲートウェイ。

 

今回はどれだけ混雑していたのか?何時間待ちなのか?空いている時間帯は無いのか?について記事にしました。

最後まで読んでいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

高輪ゲートウェイ駅はどれくらい混んでいるの?待ち時間などもあるの?

令和2年の3月のホットスポットと言えば間違いなく「高輪ーゲートウェイ駅」も入るハズです。

どれだけの人が現地に訪れたのか?

 

調べたところ3月14日の開業初日は利用者がなんと5万4000人を超えたそうです。

実際のところ利用者数以上に混雑を引き起こした要因としては

自動券売機の混雑などの影響も凄まじかったらしいですね。

この開業記念に切符を購入するためには、待ち時間として180分~210分待ちという情報もありました。

令和という新元号が発表された時も普段はガラガラの神社にも御朱印を求めて混雑が起こったことを思いまします。

 

今回のイベントも山手線が開業して47年後に西日暮里駅が最新の駅として誕生し、次は49年ぶりに誕生したのが「高輪ゲートウェイ駅」なわけです。

 

山の手線は今まで29駅もありましたけど、滅多に新しい駅が誕生しないので、次の駅が誕生するとしたら、また半世紀はかかるのかもしれません。

なので、山手線に半世紀近くぶりに誕生した「高輪ゲートウェイ駅」への注目の高さ凄まじいものがあります。

 

なので、やっぱり起こり得る問題として

しっかり転売活動に勤しむ方も大勢いらっしゃるようですね。

マスクの高額取引などで風当たりが強くなっているにも関わらず神経が図太いというか…。

困った人はホットスポットには必ず現れるなと思います。

スポンサーリンク

高輪ゲートウェイには空いている時間帯はないの?

高輪ゲートウェイ混みすぎ!何時間待ち?空いている時間帯はないの?1

高輪ゲートウェイの混雑ぶりは調べればすぐ分かりました。

では空いている時間帯はどこか調べてみましたが、当分の間は空いている時間帯が予測出来ない状態です。

もっとも空いていそうな始発の時間帯でも、しばらくは鉄道オタクと言われる人も大勢来ているのが現状です。

さらに、空いている時間帯を予測できない要因として新型コロナウィルスの感染拡大によって小中高の休校が発表されているため電車は空いていると思いました、実は違います。

 

自宅での自粛要請を受けていながらも、中高生くらいになると高輪ゲートウェイ駅だけじゃなく原宿駅にまで足を運び混雑しているようです。

コロナ騒動と呼ばれて恐れられているかと思いきや、若い人は感染しにくいとか、感染しても命には関わらないという甘い予測から若い人は外出をしています。

 

コロナ騒動の無い本来の状況であればもっと混雑していた可能性もありますが、今の自粛ムードの中でも若い人はホットスポットに集結させないことは難しいようです。

高輪ゲートウェイ混みすぎ!何時間待ち?空いている時間帯はないの?まとめ

49年ぶりに山手線に新しい駅が1つ加わりました。

それが今回ご紹介した「高輪ゲートウェイ駅」です。

 

その歴史的瞬間に立ち会ってみたい人は多いと思います。

 

さらに今はSNSなどのをはじめとしたインスタ映えとも相性の良い話題のスポットは若い人にとってもとても興味深い場所です。

それが今回のテーマとなった「高輪ゲートウェイ駅」になりますが、もう少し混雑とともにコロナウィルスの感染拡大が一段落ついたら現地に行ってみたいと考えています。

 

あなたも高輪ゲートウェイ駅に感心を寄せてこの記事を見つけてくださったかと思います。

でも、今すぐに行くよりも少しづつコロナの感染などを抑えるためにも少しだけ日にちをズラシて現地に行ってもらえたら嬉しく思います。

 

現地に行かなくても動画などで臨場感のある紹介も見ることができます。

なので、健康あっての楽しみもありますので、好奇心よりもあなた自身の健康に意識をしていただけたらと思います。

今回の記事も最後まで読んでくださってありがとうございました^^

スポンサーリンク