パンデミック宣言で生活はどうなる?オリンピックどころじゃない!?

3月11日のニュースでついにパンデミック宣言が出ましたね。

世界保健機関(WHO)新型コロナウィルスの感染者が世界で10万人を超えていることでついにパンデミック発言をしたことで生活はどう変わるのでしょうか?

 

個人的にはパンデミック発言が正式に出たことによっての経済的損失の方が怖いですし、生活をする上での仕事まで無くなったり買い占めがまた広がるような気がします。

 

今回は世界保健機関が出したパンデミック宣言によってこれからの生活への影響を調べてお伝えします。

ぜひ最後まで読んでいただけると幸いです。

スポンサーリンク

パンデミック宣言とはそもそも何?そしてインフォデミックも!

パンデミック宣言で生活はどうなる?オリンピックどころじゃない!?1

まず、パンデミック宣言の前に「パンデミック」についてですが、これは医学用語です。

ニュース記事から引用させていただくと、

国を越えた感染拡大のコントロールが利かず、地球上のあらゆる人に感染の可能性がある状態

出典元:読売新聞ONLINE

とありました。

国内でも感染者が日に日に増えていますし、歯止めが効かないように思えます。

それが国を超えたレベルの感染拡大によって、どこの国に行っても地球上であれば感染する可能性があるとはスケールがでかいです。

 

他の記事でもお伝えしているのですが、僕はパンデミックと同じか、それ以上に不安を感じているのが、このような情報を過剰にして過敏にとらえてしまうインフォデミックの方が恐ろしいのです。

 

実はこのインフォデミックも世界保健機関が使い始めた言葉です。

こちらも引用させていただくと、

不安定な状況下ではきまって根も葉もない情報やデマが大量に拡散されるもので、世界保健機関(WHO)はこれを「パンデミック」ならぬ「インフォデミック(infordemic)」と指摘して警鐘を鳴らしています。

出典元https://doctor.mynavi.jp/contents/column/infordemic/

先週から今週にかけても未だにマスクはおろかティッシュやトイレットペーパーすら近所のドラッグストアでは簡単には手に入らない状況が続いています。

これも根拠も信ぴょう性もない発言がSNSで拡散されて、我先にと買い占めが起こったからです。

 

人の脳は本能に忠実な爬虫類脳的な部分があり、基本的にフェイクニュースによって暴走します。

なので、インフォデミックに感染した人達は冷静にはいられません。

 

よほど自制心が強かったり、冷静に周りが見れるような人じゃなければだれだって不安になります。

それがこのパンデミック宣言で更に強まってしまう可能性があると考えています。

スポンサーリンク

パンデミック宣言で日常生活への影響はどうなるのか?

パンデミック宣言で生活はどうなる?オリンピックどころじゃない!?2

世界保健機構は「パンデミック」の表現にはとても慎重だったようです。

上記でお伝えしたインフォデミックのように根拠も信ぴょう性も無い情報で普段なら起こりえないような群集心理が働き、世界的な恐慌の引き金にもなりかねない危険性もあったからです。

 

しかし、感染者が10万人突破することでついにパンデミック宣言は出ました。

今後の日常生活への影響はどのような形で出てくるのでしょうか?

 

色々な意見を調べてみると、

特に不安を煽られてしまった人が真っ先に飛びつくドラッグストアですが、店員さんたちの心労はここまで来ているのか?と思えるほどです。

先日も、ドラッグストアで今までは笑顔で買いに来てたお客様が、買い占めの影響でマスクや消毒液等の品薄の商品への対応が鬼気迫るものがあり、接客に対する恐怖心や失望感を語っていました。

これからまた殺伐とした状況が続くのかと思うと、景気どころか日常生活への不安もあります。

他の意見では、

少々過激な表現ではありますが、「マスコミが不安を煽って」という部分が本当に怖いところです。

普段なら聞き流すようなネガティブな情報でも、今の自粛を要請された空間では全てがまるで事実であるように受け止めかねません。

そうすると、普段ならみんなに平等にちゃんと回る物資ですら買い占めによって不安が現実視されるかもしれません。

パンデミック宣言でオリンピックどころじゃない!?

パンデミック宣言で生活はどうなる?オリンピックどころじゃない!?3

正直、パンデミック宣言が出されたニュースを受けて、これってオリンピックどころじゃない!?と思った人も多かったんじゃないかと思います。

先日は甲子園が今までの歴史の中で初めて中止になりましたし、公営ギャンブルですら、全て無観客開催をしています。

 

こんなことって今までにありましたか?

このような状態ではオリンピックだって開催が危ぶまれます。

 

もしも海外からオリンピックに出場する選手だけじゃなく、観戦に日本に来た外国人の人達が新型コロナウィルスに感染しようものなら国際的な信用が大きく損なわれます。

 

開催中止をすれば経済的損失も目に見えていますが、国際的な信用を失うことの損害と比べるとどちらを摂ったら良いのか非常に難しい判断を迫られるでしょう。

個人的に参考になるつぶやきとして

という意見もありますが、パンデミック宣言の重みを考慮すると本当にオリンピックの開催は無くなってしまうのかもしれないと感じています。

またパンデミック宣言とオリンピック開催の因果関係に関する情報や進展がありましたら記事にさせていただきます。

 

今回の記事も最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク