2/20(水)のスポーツニュース

を見て驚きました!

 

先日女子テニス世界ランキング1位となった

ばかりの大阪なおみ選手がまさか

初戦で姿を消すという出来事は

思わずニュース記事を二度見しました!

 

今まで大阪なおみ選手は

格上の選手との激戦を制して来た

実績を考えると、粘り強さと逆境にも強い!

 

そんな勝手なイメージを持っていたので

今回の試合は個人的にもいつも以上に気になってしまいました。

スポンサーリンク

大坂なおみ選手を破ったムラデノビッチ選手とは?

ムラデノヴィックが強い!世界ランク1位の大坂なおみが敗北した理由

クリステア・ムラデノビッチ選手

(Kristina Mladenovic)

プロフィールは

国籍 フランス

身長 184 cm

体重 60 kg

昨年度最終ランキング 43位

出身国/居住国 フランス/フランス

生年月日  1993年5月14日

性別   女性

利き腕 右利き(バックハンド両手打ち)

プロフィールを観る限り、

かなりの長身の選手です。

 

大坂なおみ選手の身長も180センチ

かなりの高身長ながらも、

今回対戦したムラデノビッチ選手は更に上回っています。

 

体重では大坂なおみ選手は

69キロくらいなので、

筋肉量では大阪選手の方が上だと思うのですが……

 

体格はあくまでも目安で

試合にはその当日の流れや選手のメンタリティが

結果を左右するので

 

今回の試合ではどのような展開だったのかを

振り返ってみたいと思います。

ムラデノヴィック選手がまさかの大坂なおみ選手にストレート勝ち!

結果だけを率直に述べると、

大阪なおみ選手がストレート負けでした。

 

いや、ムラデノビッチ選手

ストレート勝ちしたと表現した方が適切かもしれません。

 

 

テニスはあらゆるスポーツの中でも

激しく体力を消耗する種目であると

いうことは有名です。

 

 

その分自身のコンデションを調整したり、

精神を整えたりとあらゆる

条件のかみ合わせで結果が大きく

変わることは容易に想像ができます。

 

それでも、大阪なおみ選手が

こうも一方的に試合の

ペースを握られたまま終えてしまうなんて

よほど対戦相手のムラデノヴィック選手が

驚異的だったとしか考えられません。

 

なので、リアルタイムで観たテニスファンの

意見を参考に状況を振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

ムラデノビッチ選手との試合時の大坂なおみ選手の動き

ムラデノヴィックが強い!世界ランク1位の大坂なおみが敗北した理由2

この試合の流れも一言でお伝えすると、

大坂なおみ選手ミスの多さが際立った試合でした。

 

今回僕は対戦相手のムラデノヴィック選手の

驚異的強さの前に大坂なおみ選手が

破れてしまったとい印象を持っていました。

 

ですが、テニスファンの視点から観た意見として多かったのは

「心、ここにあらずのよう」

 

「単純に調整不足を感じた」

 

「世界ランク1位の選手とは思えないミスが多かった」

 

「コーチ不在による精神的な不安が見て取れた」

 

「サービスゲームでブレーク7回ではゲームにならない」

 

「マスコミが才能を潰した」

 

「サーシャコーチの存在が彼女には必要だった」

などあらゆる意見が見て取れました。

 

やはり、先日ニュースでも取り上げられた

サーシャコーチの解任に関する精神的な支柱を自ら手放す形になったのが

今回の試合にも反映されたのかもしれません。

 

ほとんどのテニスファンの意見から、

ムラデノビッチ選手の強さを表現したような

視点は観られず、大坂なおみ選手の自滅

という形で試合展開が今回の試合では見て取れました。

 

個人的にはまだ、

1試合ではなんとも言えない。

 

とは思いますが、

世界ランキング1位という、

プロになる事自体が厳しいテニスの世界での

頂点に立ってしまった以上、

たった1試合の敗北すら認められない空気は感じてしまいました。

 

先日までは、大坂なおみ選手を英雄視していたメディアが

 

今回の大坂なおみ選手の敗北をどのよに報道するのか?

 

場合によっては大坂なおみ選手のファンが

危惧していたマスコミに才能を潰される。

 

というような自体にならないことを祈るばかりです。

ムラデノビッチが強い!世界ランク1位の大坂なおみが敗北した理由まとめ

今回はムラデノビッチ選手に強い感心を

持ちましたが、結果は予想していたものとは違いました。

 

試合運びを録画で観たり、

他のテニスファンの方の意見を見ると、

大阪選手の精神的な安定感に不安を感じる試合運びでした。

 

もちろん調整不足とは言え、

大坂なおみ選手の強さは対戦した

ムラデノヴィック選手にしか

感じることの出来ない強さはあったはずです。

 

精神的なプレッシャーで言ったら、

ムラデノヴィック選手も世界ランキング1位

である大坂なおみ選手との対戦のチャンスに

ただならぬ覚悟で挑んだはずです。

 

そして、ストレート勝ちという最高の結果を

手にしたのですから今後の活躍に期待したいと思います。

 

大坂なおみ選手の活躍を見るのは僕も大好きです。

なので、その大阪選手に勝利したムラデノヴィック選手の今後も期待したいと思います。

 

今回も記事を読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク