黒田響生の成績とドラフトは?一軍の可能性と阿部慎之助の期待も!

2018年11月に行われた育成選手のドラフトで巨人に4位指名で入団が決まったのが、黒田響生選手です。

 

背番号は021と普通の方なら目にすることのない、育成枠の選手の証の背番号になります。

 

この黒田響生選手は、福井県の敦賀気比高校出身で、1年生の時から、名門のショートを勝ち取ったほどの、才能ある選手です。

 

これだけの逸材であれば、育成枠のドラフト会議ではなく、ドラフト会議で正式に指名されてもおかしくない選手です。

 

守備は非常に素晴らしい才能とセンスを持ち合わせているが、問題は打撃かもしれません。

 

見た限りでは、同じころの坂本勇人選手と似た感じでもあるが、若干パワー不足で育成に回ったと考えてもいいでしょう。

 

阿部二軍監督が、他のチームによく指名されなかったとを喜んでいるくらいです。

 

それだけ、阿部二軍監督は、黒田響生選手に期待をしているという言葉に聞こえます。

スポンサーリンク

黒田響生選手の成績とドラフトの順位は?

 

黒田響生選手の2019年の成績は

2軍の試合に42試合に出場

87打数15安打 1本塁打

打率は0.172

 

この他にも12月に入ってから、

CPBL選抜

KBO選抜

JABA選抜

との試合に5試合出場しています。

 

三塁手・遊撃手・二塁手を守るなど、内野の守備には絶対の自信がありそうですね。

 

打撃では、この5試合で14打数4安打1打点 打率0.285

 

アジアウインターリーグでは、今のところ3割に近い打率を誇っているので、この成績のまま2020年を過ごすことが出来れば、1軍の光も見えてくるかもしれません。

 

今期の2軍の試合では、守備は合格でも、打撃では目立った成績ではない。

 

成績を見る限りでは、本人もいっていますが2軍と3軍(育成枠)を行ったり来たりしている状態が続いたのも確かです。

 

1軍に上がるには、守備と打撃の両方の成績が良くなければいけませんから、現在の黒田響生選手は、守備はよくても打撃・パワー不足を改善しない限りは、1軍定着には程遠いでしょう。

 

スカウトマンの厳しい目は正しかったという事になりますね。

 

育成ドラフト会議4位指名

 

黒田響生選手は、育成選手の中でも、かなりどん欲に上位選手のいい点を盗んだり、わからないところは、監督やコーチに聞きに行くなどしています。

 

1軍に上がるための執念ともいえる行動力なのです。

 

この執念・信念が実を結ぶためには、どん欲になった者しか1軍に上がることが出来ないのが、プロ野球の厳しさともいえるのでしょう。

スポンサーリンク

阿部慎之助2軍監督も期待!?黒田響生選手の年俸や可能性は?

 

阿部慎之助2軍監督は、黒田響生選手の守備を見て、坂本勇人選手の若いころと同じか、またはそれ以上の実力を持っている。

と、かなり黒田響生選手に期待感を込めるコメントをしています。

 

育成選手という事ですから、まだあと2年~3年は選手生命はあるでしょうが、それ以上はさすがに、選手層の厚い巨人からは見限られる可能性は跳ね上がります。

 

黒田響生選手は同期がすでに1軍登録されていることから、真剣に練習したり、オフシーズンには、他の球団のグループの練習に参加するなどして、自らの欠点を補う事を行っているようです。

 

入団時の年俸は240万円でしたが、2020年の年俸は260万円と20万円ほど上がっていますが、まだまだ、この金額では納得はしないでしょう。

 

そのためにも、阿部慎之助2軍監督にへばりつくくらいのガッツを見せるしかありません。

 

現在は2軍と3軍の行ったり来たりですが、2020年には、2軍定着とあわよくば1軍への試合への登録を目指したいところです。

 

育成選手の中から、1軍で活躍している選手も数多くいますから、決してやれないことはないはずです。

 

まずは2軍の定着を目指して、全体のパワーアップと守備力の更なる強化が、オフシーズンで上積みできるかが勝負でしょう。

 

それによっては、2月のキャンプでも大きく伸びる可能性も秘めています。

 

阿部慎之助2軍監督もどこまで、黒田響生選手に目をかけてくれるかも、運命の分かれ道です。

 

プロですから、運もある程度は、自分で引き寄せなければなりません。

 

そのためには、1に努力2に努力しかありません。

 

その努力の結果が、育成選手から支配下登録選手への格上げと年俸の向上なのです。

 

プロ野球の1軍選手は、野球センスだけではなく、影での努力があってこそですから、黒田響生選手が1軍選手以上の努力を惜しまない選手になってもらいたいです。

 

そうすれば、2021年または2022年には、1軍の内野手として活躍しているはずです。

黒田響生の成績とドラフトは?一軍の可能性と阿部慎之助の期待も!まとめ

黒田響生選手の成績や1軍への可能性・現在の年俸など紹介してきました。

 

阿部慎之助2軍監督に期待感を抱かせるコメントをしているわけですから、それに黒田響生選手は応える必要はあるでしょう。

 

誰もが、支配下登録選手を目指している厳しい世界ですから、そこで生き残るためには、どん欲に努力を積み重ねるしかありません。

 

下積みの努力があってこそ、センスが光ってくるのです。

 

いくらセンスがあっても、たった数年でプロ野球界から去る選手も多数います。

 

毎年プロ野球界は、ドラフトや入団テスト・トライアウトで選手を向かい入れますが、その向かい入れた分だけ、芽の出なかった選手たちは退団していくのです。

 

華やかな世界だけに、そうそう脱落してしまう選手は、努力が人より足らなかったとしか言えないのではないでしょうか。

スポンサーリンク