かぶる傘どう思う?ださい!意外と悪くない?五輪の暑さ対策として?

オリンピックのチケットの申し込みはもうお済みでしょうか?

結構駆け込み需要が多かったみたいです。

そして、今回はそのオリンピック観戦の際の熱中症対策として登場したアイテムについてご紹介します。

 

5月24日の定例記者会見で小池百合子東京都知事が披露した「かぶる傘」が今注目を集めています。

 

なかなか斬新な見た目と言われている「かぶる傘」ですが、世間ではどのような意見があがっているのでしょうか。

今回は、この「かぶる傘」に対する世間の反応について見ていきたいと思います。

 

色々な角度で調べましたので、ぜひ最後まで読んでいただくと嬉しいです。

スポンサーリンク

東京オリンピックで登場する予定の「かぶる傘」ってなに?

 

かぶる傘」とはいったいどういうものかと言うと、柄がなくその代わりに内側にベルトがついた折りたたみ傘となっており、

傘をすっぽり頭にかぶり、ベルトを顎に引っ掛けることで固定できるというものです。

 

帽子のようにかぶってしまうため傘をさしている状態でも両手があくというのがポイント。

 

かぶる傘」は、東京五輪・パラリンピックの暑さ対策のためのアイテムとして発表されました。

もちろん雨が降ったときにも使えますが、熱や太陽の光を遮る材質が使用されており日傘として暑さ対策のために使うこともできるのです。

 

また、夏にかぶる帽子は暑さで蒸れてしまうことを心配する方もいると思いますが、

この「かぶる傘」は傘の上の部分が風が通るような二重構造になっており、通気性についてもしっかり考えられているようです。

機能性の面ではかなり良いモノかな?と思える部分もありますね。

東京オリンピックの「かぶる傘」の世間の評判は?

かぶる傘どう思う?ださい!意外と悪くない?五輪の暑さ対策として?2

かぶる傘」は実際に試作品も披露されたのですが、その見た目にはいろんな意見が上がっています。

 

「ださい」

 

「観客があれをかぶって観戦していたら他の人の邪魔になるのでは」

 

「すれ違う時に顔に当たって危険なのではないか」

 

といった否定的な声も多く上がっています。

 

一方で、

 

「小ぶりでかわいい」

 

「笠の文化を活かした先進的な発想でいいと思う」

 

「一周回ってかっこよく見えてきた」

 

という賛成派の意見も見られます。

個人的には一周回ってかっこよく見えてきたという、第一印象はよろしくないけど、慣れてしまえば的な表現に共感しちゃいます。

 

確かに、“”ではなく“”としてのああいう見た目にはまだ馴染みがないので、見た目に対する違和感はどうしても第一印象に持ってしまいますね…。

ただ、笠の雰囲気を持った日本らしいデザインだとは私も感じ、そんな中でもとても斬新なアイデアでおもしろいなと思いました。

 

かぶるのが恥ずかしい」という意見もあり、確かにそれに関しては私も思いました。

普段の街中で一人だけかぶっていたらやっぱり目立ってしまって恥ずかしいかもしれませんね。

 

オリンピックの雰囲気の中、みんなでかぶるのであれば恥ずかしさも気にならなさそうですよね。

 

邪魔になるのでは」という意見もありますが、観戦する人のために配布するというよりはボランティアの方の暑さ対策のために配布するというのが使用目的のようです。

なので目的が違うためそこはアイデア自体の問題というよりは、使う側の配慮によるところもあるかもしれませんね。

スポンサーリンク

「かぶる傘」は実はすでに販売されていた?!

かぶる傘どう思う?ださい!意外と悪くない?五輪の暑さ対策として?3

今回、東京五輪・パラリンピックのために開発したとして発表された「かぶる傘」ですが、実はずっと前から市場にはこの形の傘が販売されていたようです。

そのため、「かぶる傘」自体への批判と言うよりは、あたかも小池都知事が東京五輪のために新しく考案したかのような発表に違和感を感じているという方もいるようです。

 

頭にかぶるタイプの傘は通販サイトなどでも販売されていて、ゴルフや釣りの際に使っている方もおりやはり両手があくためなかなか便利なアイテムみたいです。

ただ、ウケ狙いやギャグで購入する方も多く、やはり見た目のインパクトはなかなかのものです。

 

実際に使って便利という感想も上がっている中で、普段街中でこの傘を使っている方を見たことがないということは、見た目の課題はかなり大きそうですね…。

 

しかし、もしこの「かぶる傘」が普及したらトイレにもかぶったまま入れそうなのでわざわざ傘を畳んで置き場所を探す必要もなくなりますし、トイレに傘を置き忘れることもなくなって便利そうだなと思いました。

鞄からお財布を出したりするために傘を置いたらそのまま忘れてしまったり、そういううっかり置き忘れるということは圧倒的に少なくなりそうですよね。

かぶる傘どう思う?ださい!意外と悪くない?五輪の暑さ対策として?まとめ

かぶる傘どう思う?ださい!意外と悪くない?五輪の暑さ対策として?4

今回東京五輪・パラリンピックの暑さ対策として「かぶる傘」が披露されたことにより、市場ですでに販売されているかぶる傘にもこれまで以上の注目が集まるきっかけになるかもしれませんね。

スポーツ観戦などではお財布を出したり携帯を出したり傘で手がふさがっていると不便なことも多いので、実際にこの「かぶる傘」がオリンピックのときにどのくらい役に立ってくれるのか楽しみです!

今回の記事も最後までよんでくださってありがとうございます。

スポンサーリンク