スプレータンニングの料金と使用法や注意点は?セルフで日焼け風の肌に?

肌を焼かずに日焼けができる?

誰でも日に焼かずに小麦色の肌になれる、スプレータンニングというものが今注目されています。

 

調べてみるとなかなか革新的なもののようで、なんとテレビでも取り上げられるほど今話題の技術なんです。

今回は、今女性を中心に人気のスプレータンニングについてご紹介していきたいと思います。

今年の夏にきっとお役に立てる内容なの、ぜひ最後まで読んでください!

スポンサーリンク

スプレータンニングとは?料金や注意点も

スプレータンニングの料金と使用法や注意点は?セルフで日焼け風の肌に?1

スプレータンニングとは、身体にスプレーをして角質を染めることで肌を日焼けしたように見せるものです。

スプレーはもちろん皮膚へのダメージがないもので、紫外線によって肌を焼く必要がないので安全に日焼けした肌を実現できるのです。

 

スプレータンニングは、専門のサロンなどで施術してもらうことができます。

料金は全身1回でだいたい8,000円から10,000円くらいで、少し高いところですと13,000円程度のサロンもあります。

 

スプレータンニングの施術にはいくつか注意点があります。

たとえば、スプレー後の少なくともだいたい2~3時間は色のムラができてしまわないように水の接触には気をつける必要があります。

汗や涙でもスプレーが落ちてムラになってしまうことも。

 

また、サロンから帰る際はもちろん施術してから間もないですから肌が衣服に擦れるとスプレーの色が服についてしまうこともあります。

そのため、サロン帰りにはなるべく緩めで肌との接触が少ない服や、色が暗く色移りしても目立たない服、汚れてもいい服を着用するのをオススメします。

 

また、人によって個人差がありますが、スプレータンニング発色は12時間後や2日目が一番キレイに出るようです。

なので、スプレータンニングをするときは一番色がキレイに出てほしい日程に合わせて逆算して施術してもらうのがおすすめです。

 

スプレータンニングは、だいたい1週間ほどで徐々に元の肌に色に戻ります

そのため、予定よりもあまり何日も前に施術してもらっても、予定の日には色が落ちてしまいますので注意が必要です。

 

また、肌が乾燥すると色落ちの原因となりますので、長持ちさせるためには保湿などをしっかりする必要があるので、その点を意識してみてください。

スプレータンニングの魅力的な利点とは

スプレータンニングの料金と使用法や注意点は?セルフで日焼け風の肌に?2

これまでは、肌の色を黒くしようと思うと基本的には紫外線で肌を焼くという方法しかありませんでした。

しかし、日焼けは皮膚の老化を進めたり、シミや皺の原因となったり、皮膚がんの原因にもなるという問題があります。

 

なるべく肌を紫外線に当てたくないけど日焼けした肌の色になりたいという方にとって、スプレータンニングは安全に肌を日焼け風の色に仕上げられるとても嬉しいものなのです。

また、肌が弱くて日焼けしても皮膚が赤くなってしまうだけで焼けない人でもきれいに小麦色の肌になることができます。

 

日焼けした肌といえばボディービルダーギャルのイメージもありませんか?

たとえばボディービルをやっている人の中にも大会のために仕方なく焼いているという方もおり、シミなったり普段の生活では浮いてしまうということで悩んでいる方もいるようです。

そういう方にとってもスプレータンニングは肌を焼かずに、しかも一時的に日焼けした肌を作れるということで非常にありがたい技術です。

 

小麦色の肌がきれいなギャルにとっても肌はとても大切なものです。

それがシミなどの心配もなく日焼けした肌の色を作れるというのは美容面でもとても嬉しいですよね。

 

スプレータンニングはカラーも選べたり、より濃い色にするために2日連続でスプレータンニングをしたりして色味の調整もできます。

日焼けをさせて肌を理想の色にしようとして焼きすぎてしまったりする心配もなく、手軽に自分の好きな肌の色になれます。

水着などを着用して施術すれば日焼け跡を作ることもできますし、まさに理想的な日焼けが安全にできるというすごい技術です。

スポンサーリンク

スプレータンニングはセルフでもできる?

スプレータンニングの料金と使用法や注意点は?セルフで日焼け風の肌に?3

スプレータンニングは、実はサロンだけでなくセルフでもできます

通販などでセルフ用のスプレーが販売されており、自分で充分キレイにスプレータンニングができると評判です。

 

うまく塗るためには最初はコツや慣れが必要ではありますが、スプレータイプなので背中などにも自分で吹き付けやいです。

ハケを使ってムラなく伸ばせばキレイに仕上げることができます。

 

日焼けムラを隠すためにスプレータンニングを利用している方もいるようです。

そういった使い方もできるのは確かにスプレータンニングってとても便利だなと思いました。

 

セルフ用のスプレーは、だいたい1,000円程度から3,000円程度の値段で購入することができますので、サロンでの施術はちょっと料金が…という方にも重宝しているようです。

スプレータンニングの料金と使用法や注意点は?セルフで日焼け風の肌に?まとめ

スプレータンニングの料金と使用法や注意点は?セルフで日焼け風の肌に?4

若い頃はガンガン日焼けしても平気でも…年齢を重ねるにつれてだんだんシミなんかが増えてきて後悔することになりそうですよね。

後のことを考えてしまうと日焼けをするというのもなかなか怖いですよね。

 

でも、このスプレータンニングであればそういった心配もなく、安全に日焼けした肌になれるのでとても革新的だなと思います。

色は落ちてしまうので何度もやり直す必要はありますが、一時的に小麦色の肌になれるというのもおもしろいですよね。

 

南国に旅行に行くときだけせっかくなので日焼け風の肌に、なんてこともできていろいろ楽しめそうです。

以上がスプレータンニングの紹介になります。

今回の記事も最後まで読んでくださってありがとうございました^^

スポンサーリンク