年末年始のコインパーキングのトラブルを回避!最大料金の注意点は?

皆さんはコインパーキングを利用することはありますか?

人によって利用頻度は異なると思いますが、

大多数の方が利用した経験があると思います。

 

そんなコインパーキングの利用に関して、

国民生活センターから興味深い発表があったことはご存知でしょうか?

利用者から「多額の請求をされて困っている」という相談が増えているんだそうです。

スポンサーリンク

 

実際にコインパーキング利用に関する相談は、2013年〜2016年で300件前後もの件数がありました。

 

そして2017年はというと363件にまで膨れ上がったそうです。

しかも多額の請求の内容は年末年始に集中しているとのことでした。

 

このコインパーキング利用を巡るトラブルにはどんな背景があるのでしょうか?

なぜ年末年始に集中しているのかも含めて説明していきます。

年末年始は初詣、買い物などに出掛ける機会も増えますよね

トラブルに巻き込まれないためにも、

この国民生活センターからの注意喚起をよくよく理解しておきましょう。

年末年始のコインパーキングトラブルで実際にあったケース

年末年始のコインパーキングのトラブルを回避!最大料金の注意点は?2

ここからは実際に国民生活センターへ問い合わせのあった案件を紹介していきます。

皆さんが同じトラブルに合わぬよう、

他の方の苦い経験から学ばせていただきましょう。

スポンサーリンク

トラブルケース1

京都府の40代女性のトラブルケースを紹介します。

 

こちらの女性は大晦日の夕方から、

元旦の夜までコインパーキングを利用したそうです。

いつもなら24時間で千円程度の利用料金でした。

 

でも、この日に請求された金額は違っていました。

コインパーキング管理会社が設定した年末年始の特別料金で、

1万円を超える請求をされたそうです。

 

特別料金の料金表は支払機の下に掲示されていました。

でも、この女性の言い分ではのぼりが邪魔をして見えなかったとのことです。

ケース2

 

南関東の30代男性のトラブルケースを紹介します。

こちらの男性は年末年始を挟んで、1週間コインパーキングに車を停めました。

いつもの通り1日最大800円だと思ったようです。

ここでも年末年始の特別料金が発生しました。

しかもその請求額は15万円と高額なものです。

こちらの男性の場合、

年末年始の特別料金である30分500円の看板を見落としたことが原因でした。

 

このようなトラブルを受けて国民生活センター職員は

年末年始の特別料金を設定することが多い。そのため料金体系をしっかりと事前に確認してほしい

とコメントしています。

またコインパーキング利用では、年末年始の特別料金以外にも注意が必要なんです。

コインパーキング利用について消費者庁が資料を作っていた

コインパーキングの利用料金表が分かりにくいとして、

消費者庁が注意をまとめて公表をしています。

公表されたのは2017年12月25日のことです。

 

内容は実際の料金表に近い表示例を挙げ、正しい見方を解説するものです。

普段あまり利用しない方も、

年末年始などの移動には使うことが増えるかもしれません。

1度目を通しておくことを勧めます。

[特に注意したい最大料金の仕組み]

コインパーキングの利用料金では、実は最大料金に2つパターンがあります。

1つは「最大料金が繰り返し適用されるパターン」です。

もう1つは「最大料金が初回のみ適用されるパターン」となります。

 

また最大料金の適用期間は管理会社によって表現や括りが変わります。

1日、24時間、夜間など様々です。

 

このパターンの違いですが、

前者の繰り返し適用の場合はそのままです。

例えば30分100円、24時間で最大1500円のコインパーキングを2日間利用すると

1500円×2日間(48時間)で3000円となります。

 

後者の初回のみ適用の場合は最初の24時間1500円は変わりません。

その後の2日目の適用料金が変わります。

最大料金が繰り返されないので、2日目は30分100円が適用されてしまうんです。

 

30分100円なので、1時間で200円ですね。

つまり2日目は

200円×24時間で4800円かかってしまいます。

1日目と足すと

1500円(1日目)+4800円(2日目)で合計6300円の請求をされてしまうことになるのです。

 

パターンの違いで大きなギャップが出来てしまいますよね。

では、実際の看板はどうなっているのでしょうか?

[最大料金の表記は?]

実際の料金表の看板には明記されているところが多いです。

特に繰り返し適用の場合は概ね書いてありますね。

 

初回のみのところは書いてない場所もあるようです。

何も書いていない場合は初回のみでは?と疑った方がよいかもしれません。

もし何も分からないようなら管理会社に聞いてしまうのが1番です。

年末年始のコインパーキングのトラブルを回避!
〜まとめ〜

年末年始のコインパーキングのトラブルを回避!最大料金の注意点は?3

普段あまり意識しない方にとっては、

少し驚く仕組みだったのではないでしょうか?

特に年末年始などの、普段と違う場面では注意をしましょう。

 

押さえておきたいポイントは大きく2つです。

①年末年始の特別料金がある

②最大料金には適用に2つのパターンがある

たったこの2つのポイントを知っているだけで、

トラブルに巻き込まれずに済みます。

年末年始などの普段と違う時だからこそ、

些細なことまで注意してください。

せっかくの時間に水を差してしまうことになりかねませんよ。

 

年々増えるコインパーキングトラブルですが、

少しの知識と注意力で未然に防げます。

つまらないトラブルに巻き込まれることなく、

皆さんで良い年を迎えましょう。

スポンサーリンク