翔んで埼玉のロケ地は?県民も気になる原作者の視点!寛大な心とは?

翔んで埼玉という作品が、

埼玉県で驚異的な動員数を叩き出している!

 

今日のヤフーニュースで

トピックとして堂々と紹介されていたのを

ご存知でしょうか?

 

翔んで埼玉」とは

魔夜 峰央まや みねお)先生の作品です。

 

正直、魔夜先生の作品の中では、

それほどの有名作では無かったと思います。

 

それがなぜ映画化にまでなったのか?

 

そして、翔んで埼玉なのだから

ロケ地は埼玉に決まってんよ!

 

と、お考えのあなたを意識した記事を

書いたので、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

翔んで埼玉のロケ地は埼玉県がメイン?

翔んで埼玉のロケ地は?県民も気になる原作者の視点!寛大な心とは?2

上記の画像は埼玉県の

長瀞(ながとろ)という場所です。

 

恐竜の骨が発掘されたり、

美味しいかき氷が食べれたり、

埼玉が至高とも思える風光明媚な場所です。

 

他にも、小江戸と呼ばれる古き良き町並み

を残した情緒あふれる川越。

 

日高市にはサイボクハムという、

埼玉を代表するブランドポークもあります。

 

例を挙げたらキリがないほどに魅力のある

ロケ地も多いので映画の中でもどれだけ登場するのか楽しみ!

 

とお思いの埼玉の県民の方々も

いたのではないかと思います。

 

しかし、映画のロケ地として多くの場を

提供したのは、実は

 

群馬県

 

だったりします!

 

群馬県もとても魅力的な土地ですけれど、

翔んで埼玉」なのでほぼ埼玉が

ロケ地なのかな?って思っていました。

 

でも、

実際は群馬県が撮影ロケ地のメインです。

 

映画の中でも登場するで登場する、

あの豪華絢爛な非日常を演出した空間は

埼玉どころか花の都と評される東京でもなく

 

群馬県なのです!

 

劇中でも、白鵬堂百美が群馬の県境で

 

「ここはサバンナか!?」

 

などとパワーワードを発していましたが、

翔んで埼玉のロケ地は?県民も気になる原作者の視点!寛大な心とは?3

学校など貴族の象徴的な日常の撮影は、

 

ロイヤルチェスター太田

 

で撮影をしていたようですね。

 

ここは群馬県でも

とても有名な結婚式場です。

 

原作である漫画の世界観を現実の世界で

表現する場所としては最高のロケ地になって

いたように思います。

群馬の見どころである

ロックハート城も!

翔んで埼玉のロケ地は?県民も気になる原作者の視点!寛大な心とは?5

作中でも登場したお城は

イギリスのスコットランドより

移築・復元された本物のお城です。

 

色々なドラマのロケ地としても

有名でスキあらば登場する群馬の名所。

 

翔んで埼玉」でも主人公の麻実麗

埼玉ポーズを決めた場所として

大事な場面にも使われていましたね。

 

さすが東京!格が違う!

と映画に没頭していれば思うファンも

いたかも知れませんが、

 

実はあのお城も石畳広場もロケ地は

群馬です!

 

もう、花の都は群馬かもしれない。

 

なんせ、このロックハード城は

1988年に当時まだロシアではなく、

ソビエト連邦の時代の話になります。

 

ゴルバチョフ書記長の承諾のもと

大量のコンテナを使ってシベリア鉄道経由で

日本に送られた

 

本物のマナーハウスのようです。

 

ちなみにロックハート城を検索すると、

「翔んで埼玉」のロケ地に

使用されたとしてインベントを開催中です。

 

ホームページからの引用も

紹介させていただきますね。

映画公開日に併せ、ロックハート城内施設「サインギャラリー」を直筆サイン300点展示に拡張しリニューアルオープンします! 主演の二階堂ふみさん、 GACKTさんの直筆サイン、また映画ポスターも展示していますので是非遊びに来て下さいね

ぜひ、原作や映画を観た後に群馬県に

行く機会があればぜひお立ち寄りください。

スポンサーリンク

翔んで埼玉の県民も気になる原作者の視点

翔んで埼玉のロケ地は?県民も気になる原作者の視点!寛大な心とは?5

原作者の魔夜 峰央先生は、

故郷の新潟県から埼玉県の所沢

引っ越した際に感じたものを表現した

作品が「翔んで埼玉」のようです。

 

僕はギリギリ都民ですが、

電車で乗り換えをせずに行ける所沢は

今はかなり都会だと感じてます。

 

漫画家の蛭子能収先生は

大の所沢マニアとしても知られていますし、

所沢は表現者に好まれる聖地とも言えます。

 

 

ですが、そんな聖地所沢に住んでいる

埼玉の人ですら当時は東京に

強いコンプレックスがあったようです。

 

それをディスり昇華したのが

「翔んで埼玉」だと考えると非常に

深い作品にも思えます。

 

ちなみに、作中で奥さんの

ふるさとである茨城をディスったら

すぐにクレームがあったようです。

 

しかし埼玉の人は笑って済ませてくれた

らしく、それを魔夜先生にとっては

とても感銘をうけたそうです。

埼玉県民の寛容な心とは?

翔んで埼玉のロケ地は?県民も気になる原作者の視点!寛大な心とは?6

率直な思いとしては、埼玉の人の性格

東京都民とほとんど変わらないと思います。

 

映画や原作では異次元なまでに

脚色されていますが、ライフスタイルも

ほとんど変わらないですからね。

 

埼玉にも東京と同じかそれ以上の

繁華街や名所もありますし、

東京にだって埼玉を凌ぐ田舎っぽい場所もたくさんあります。

 

 

翔んで埼玉の原作者である魔夜先生と

同世代の有名作家山上たつひこ先生

代表作「こまわりくん」でお馴染みの八丈島のきょんですが、

 

あの「きょん」の生息地である

八丈島も何気に東京です。

 

自然の豊かさがすごい場所では

ありますが、

埼玉県の方がはるかに都会に思えます。

 

どの都道府県であろうと、

一部を切り取ればすごい田舎ぽい場所は

存在します。

 

埼玉県でも都会に住んでいる人は

忙しさのあまりに寛容な心を見失いがちに

なることも有ると思います。

 

なので、埼玉の人だって寛容な心をこの

作品を通して押し付けられるようなことが

あると少々気づかれしてしまわないかちょっぴり心配です。

 

心の寛大さというのは押し付けるものでは

なく、その人の状況や育ちによりますから、

埼玉県の人は寛容なんだ!

 

なんていう安易な思い込みで埼玉に

住んでいる人たちをいじらないようにして

いただければなと思います。

 

今回も最後まで読んでくださってありがとうございました^^

スポンサーリンク